着こなした衣装は計50着!「シンプル・フェイバー」2大人気女優の新場面写真(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ストーリーが進むにつれ衣装も変化していく

[映画.com ニュース] 「ピッチ・パーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「かごの中の瞳」などのブレイク・ライブリーが共演する「シンプル・フェイバー」の新たな場面写真が公開された。個性的な衣装を着こなすケンドリック、ライブリーの姿を切り取っている。

 シングルマザーのステファニー(ケンドリック)は、子どもと同じクラスに息子を通わせるエミリー(ライブリー)と知り合い、やがてお互いの秘密を打ち明けあうほど親密な仲になっていく。ある日、ステファニーは息子を学校に迎えに行ってほしいとエミリーから依頼されるが、エミリーはその頼みを最後に姿を消してしまう。

 ダーシー・ベル氏のサスペンスミステリー小説「ささやかな頼み」を映画化し、監督は「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」「ゴーストバスターズ」のポール・フェイグが務めた。

 ケンドリックとライブリーは計50着ほどの衣装を着用しており、どれも個性的でスタイリッシュなものばかり。過去に「ドリーム」などを手がけ、本作の衣装を担当したレネー・アーリック・カルファスは、ステファニーとエミリーは内面に共通点があると指摘し、「2人共とても頭がいいけれど、まるで鎧(よろい)のようなものに隠れている。だからその点を考慮した衣装にしました」とスタイリングのポイントを説明する。

 ステファニーを演じたケンドリックは「『私の衣装はかなり大げさな気がするけど大丈夫かしら?』って監督に聞いたの。そしたら監督が、『映画の始まりではキャラクターを紹介するために、彼女の個性を強調したファッションになっているけど、映画が進むにつれて徐々に落ち着いた服になるから』と言ったわ」と自身の衣装の変化について語る。

 メンズのようなスーツなども着こなしたライブリーは「私はこの役で、ポール・フェイグ監督のような格好をしようと思った。というのも、この映画の中にはポール・フェイグがいろいろな形で反映されていると思ったから」と、ファッショナブルなフェイグ監督ならではのスタイルを意識していたことを明かした

 「シンプル・フェイバー」は3月8日から全国公開。

コメントは受け付けていません。