目の前に突如現れた「真っ赤な橋」 ほろ酔いアラサー男性が迷い込んだ異世界「月島」の夜(アーバン ライフ メトロ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:アーバン ライフ メトロ

日が暮れると気温も下がり、過ごしやすい季節になりました。頬をかすめる心地良い秋の夜風が、たまには夜の東京を散歩してみようかという気持ちにさせてくれます。

【画像】真っ赤な橋から臨む「異世界」月島とは(4枚)

 その日私(ズズズ。イラストレーター、ライター)は東京メトロ有楽町線月島駅から徒歩数分の「月島もんじゃストリート」(中央区月島)でもんじゃ焼きを食べていました。

 月島の歴史は古く、昔隅田川の河口に佃島(つくだじま)と石川島というふたつの小さな島があり、その島の周辺を埋め立てることで造られた人工島が「月島」です。もともと「築島」が正式名称でしたが、「築地」と区別するため「月島」に改名されたようです。

 現在では月島といえば「もんじゃ焼き」のイメージが強いのですが、これは戦前から工場や倉庫の労働者が集まったこの地で、小さな子どもたちのおやつとして親しまれるようになったのがルーツとのこと。

 もんじゃ焼きとビールを堪能した私と友人は、その帰り道に秋の心地良い風を感じてか、「酔い覚ましに散歩してから帰ろう」といって当てもなく歩くことにしました。

 適当に歩いていて偶然出合った佃小橋(同区佃)からの風景はとても不思議な感じがしました。

 佃小橋は朱色に塗られた小さな橋で、その下には隅田川の支川が流れています。橋の中央から景色を眺めると、手前には古くからある家屋が立ち並び、遠くには高層マンションが煌々(こうこう)と輝きながらそびえ立っているのです。

【広告】

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。