田中圭『バスケW杯』日テレ系メインキャスター就任 起用理由を聞き「ぜひやってみたい!」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の田中圭が、来年8月開幕の「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」の“バスケットボールワールドカップ日テレ系メインキャスター”に就任することが決定した。「バスケットボールを通して日本が元気になるように、盛り上げていきたい! ぜひ一緒に、バスケットボールを楽しんで頂けたらうれしいです」と意気込みを語った。

【写真】白Tシャツで爽やか姿!ガッツポーズをする田中圭

 本大会は4年に1度、夏季五輪の中間年に開催され、32ヶ国が参加してバスケットボール世界一を争う。今回は日本(沖縄)・フィリピン・インドネシアの史上初の3ヶ国共催となる。バスケ経験者で大ファンの田中は、メインキャスターとしてW杯に向けての1年間、代表戦の中継や、代表選手への取材等を通して、バスケットボールの魅力、日本代表の魅力を伝え、バスケW杯の機運醸成に向けて全力で盛り上げていく。

 大役就任に「正直、『え?何で?』と思いました」と驚いた田中は、起用理由を尋ね「『専門的なことを語らない、素人っぽさがいい』と言われたので、それならぜひやってみたい!と思いました」と快諾した。

 バスケ好きの母親の影響で小1からバスケを始め、全国大会の優勝経験もある。高校1年でやめてしまったが、「社会に出てからまたバスケットボールをする機会があり、10年くらいブランクがあってもやはり楽しいスポーツだなと思え、定期的に練習に通っていた時期もありました」と明かす。さらに、「その時、当時まだ10代だった富樫勇樹選手とも一緒にプレーをして、仲良くなったんです」と日本代表との司令塔との交流もあるという。

 また、バスケ初心者に向けて「とにかく展開のスピードが速く点が入るので、知らなくてただ見ていて飽きないスポーツだと思います。バスケットボールは、ボールを持っていない選手も緻密な計算や作戦を練って動いているんです。一方、華麗なプレーをする選手を見て、シンプルに『うわ!すごい!』と思って頂けるだけでもうれしいです」と魅力をアピールした。

 日本代表はこの大会で、これまで1度も1次ラウンドを突破したことがない。しかし、昨年7月には当時世界ランキング7位で東京五輪・銀メダルのフランス代表に勝利するなど、現チームは史上最強との呼び声も高い。NBA所属の八村塁選手や渡邊雄太選手などを中心にチーム一丸で海外の強豪を倒し、新たな歴史を作ることができるのか。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。