産後に死を覚悟したからこそ新しいキャリアを見つけた女性起業家|音楽ビジネスストーリー(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

マルーン5の最新作「Nobody’s Love」を手がけた、3人のソングライターのマネジメントを担当する一人の女性。出産直後の心不全によって会社を退職し、音楽会社を起業した。「周囲への気配りを忘れずに、ストレスを抱えすぎないように、と主治医に言われた私が何をしたと思いますか? 自分の会社を起こしたんです」。

写真:17歳の美少女、ビアンカ・デヴィンズの短い生涯と拡散された死

めまぐるしく変化する音楽業界を牽引する人々の舞台裏に迫る、米ローリングストーン誌の連載「At Work(アット・ワーク)」。さまざまな職種や新しいアイデアの紹介、さらには新規参入者へのアドバイスをはじめ、音楽業界に関する多種多様なテーマを探求している。

大手レコード会社やタレント事務所で働き、有名な映画やテレビ番組の音楽の監修を任され、さらには長年の夢だった音楽出版社のA&R担当というポジションを手に入れるまで、ジェイミー・ゼラック=ヒンドリンは音楽業界を股にかけて活躍してきた。そんなゼラック=ヒンドリンを決定的に変えたのは、3年前の死を覚悟した娘ケイトの出産体験だった。

すべてが崩れ落ちたとき、ゼラック=ヒンドリンは未来に向けて大きな一歩を踏み出そうとしていた。当時の彼女は、いまやポップスターとして世界的ブレイクを果たしたラウヴをはじめとするアーティストと契約を結んだばかりだった。ゼラック=ヒンドリンはただでさえ産休をとることに不安を感じていたのに、医師は彼女に「心不全から回復するまで、あと半年は産休を延長しなければならない」と言った。絶望した彼女は、自身のキャリアを自らの手に委ねることにした。その後、マルチな才能の持ち主であるゼラック=ヒンドリンは2018年にホームのロサンゼルスにエンターテイメントサービスとアーティストマネジメントを専門とするNonstop Managementを自ら立ち上げ、はやくも音楽業界に復帰している。

そして現在、昨年9月にリリースされたナンバー1ポップソング「メモリーズ」に続くかたちでマルーン5が7月24日にリリースしたニューシングル「Nobody’s Love」には、Jキャッシュ、ライアンOG、マイケル・ポラックといった指折りのNonstop Management所属のソングライターが参加している。ポラックといえばZEDDの新曲「Funny」を、キャッシュといえば先日リリースされたチャーリー・プースの新曲「Girlfriend」を手がけたソングライターであり、ポラックとキャッシュはケイティ・ペリーのニューアルバムとジョナス・ブラザーズとの新プロジェクトにも携わっている。近年のNonstop Managementの成功、さらにはレコード会社のインターンから恐れ知らずの音楽業界のリーダーになるまでの道のりなど、ジェイミー・ゼラック=ヒンドリンが本誌に語ってくれた。

ーA&Rが何かわからない人が多くいるなか、どのようなことがきっかけでA&Rが自分の天職だと思うようになったのですか?

当初はワーナー・ブラザース・レコードでA&R(訳注:アーティストの発掘から育成、楽曲の提供までを担当する者のこと)のインターンをしていたところ、A&Rアシスタントの仕事をもらいました。A&Rはレコード制作というプロセスのなかでもクリエイティブな部分であり、音楽を制作するうえでもっとも近い場所からアーティストを支えられる仕事だと早々に気づいていました。私が目指すのはこれだと思ったのですが、知らないことが山ほどありました。レコード会社のA&Rと音楽出版社のA&Rの違いもわかっていなかったくらいですから。

レコード会社のA&Rのミッションは、担当アーティストに提供する楽曲を見つけること――ソングライターやプロデューサーとペアを組ませたり、しかるべき人材に音楽制作を依頼したりなどです。それに対し、音楽出版社のA&Rは最初の段階からソングライターとともに仕事をします。ソングライターと過ごす時間はもっと多くなります。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。