生田斗真主演×白石和彌初プロデュース 映画『渇水』公開決定(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

俳優の生田斗真が主演し、『孤狼の血』シリーズの白石和彌が初めて企画プロデュースを手掛ける映画『渇水』が、2022年に公開されることが決定した。

生田斗真、新作歌舞伎挑戦への覚悟 密着ドキュメンタリー映画、Netflixで来年春配信

 1990年に文學界新人賞を受賞し、第103回芥川賞候補となり注目を浴びた作家・河林満による同名小説を、刊行から30年の時を経て初めて映画化する本作。水道料金を滞納する家庭の水を停める業務【=停水執行】に就く、市の水道局職員の岩切俊作役で生田が主演し、多くの重厚な作品を世に贈り出し続ける白石が初めて企画プロデュースを果たす。監督は、岩井俊⼆監督作品『ラストレター』や、宮藤官九郎監督の数々の作品で助監督を務めた高橋正弥。

 日照り続きの夏、市内には給水制限が発令されていた。市の水道局に勤める岩切俊作(生田)の業務は、水道料金滞納家庭や店舗を回り、料金徴収と、水道を停止すること【=停水執行】。貧しい家庭を訪問しては忌み嫌われる日々であった。俊作には妻と子どもがいるが別居中で、そんな生活も長く続き、心の渇きが強くなっていた。ある日、停水執行中に育児放棄を受けている幼い姉妹と出会う。自分の子供と重ね合わせてしまう俊作。彼は自分の心の渇きを潤すように、その姉妹に救いの手を差し伸べる―。

 「世の不条理に疑問を持ち始める主人公に、少しの希望と微かな光を与える事が出来たらという思いで精一杯演じました」と撮影を振り返る生田。企画プロデュースの白石については、「多くの名作を残し続けている白石さんが、どのようにして別の視点から物語を創り出すのか、非常に興味を持ちました」と語り、「多くの事がシステム化され、疑問を持たずに波風を立てずに日々を過ごすことが上手な生き方なのかもしれません。ただ、なにか違う。このままでいいのかとふと立ち止まり、自分を見つめ直す事も悪くない。そう思わせてくれる作品です。公開を楽しみにしていてください」とコメントした。

 一方の白石は、「現代を生きる我々に欠けてしまったもの、必要なものを問いかける映画です。簡単に答えは出ませんが、その答えを探す過程こそが何よりも尊く、生きている意味を見つける近道なのだと思います」とメッセージ。高橋監督は「原作で描かれている1990年代の事象は、2020年代の現代でも何も解決していなく、抱えている問題は未来を担うこれからの世代にも改めて伝えていかないといけないと思い、映画にすることを切に願いました」と、本作へ込めた思いを語った。

 映画『渇水』は2022年全国公開。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。