生田斗真主演×小山薫堂脚本による“湯”一無二のコラボ 映画『湯道』来春公開決定(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

俳優の生田斗真が主演する映画『湯道』が2023年2月23日に公開されることが決定した。脚本は『カノッサの屈辱』や『料理の鉄人』など斬新なTV番組を数多く企画・構成してきた小山薫堂。監督は、ドラマ『HERO』や映画『マスカレード』シリーズを手掛けた鈴木雅之が務める。

【画像】本物の銭湯さながら190坪を越える広さの巨大セット

 本作は銭湯を舞台とした作品。脚本の小山薫堂は「入浴」を伝統や精神を受け継がれていく「道」とし、「茶道」「華道」「書道」などと同様に、銭湯・温泉をはじめとした「お風呂」やその「湯」に向かう心の姿勢について深く考える事を提唱した「湯道」の家元。そんな小山薫堂自身が、映画化を企画し、完全オリジナルの脚本を担当。「湯」を親しむ全ての日本人に贈る「お風呂エンタメ」の傑作が誕生する。

 物語の主人公は亡き父が遺した実家の銭湯「まるきん温泉」に突然戻ってきた建築家の三浦史朗。帰省の理由は店を切り盛りする弟の悟朗に、古びた銭湯を畳んでマンションに建て替えることを伝えるためだった。実家を飛び出し都会で自由に生きている史朗に反発し、冷たい態度をとる悟朗。そんなある日、ボイラー室での騒ぎで巻き込まれた悟朗が入院をすることに。銭湯で働いているいづみの助言もあり、史朗は弟の代わりに仕方なく「まるきん温泉」の店主として数日間過ごす。いつもと変わらず暖簾をくぐる常連客、夫婦や親子。分け隔てなく一人一人に訪れる笑いと幸せのドラマ。不慣れながらも湯を沸かし、そこで様々な人間模様を目の当たりにした史朗の中で徐々に凝り固まった何かが解されていくのであった……。

 弟・三浦悟朗役には、生田とは『予告犯』(2015)以来2度目の共演となる濱田岳。「まるきん温泉」で働く看板娘・秋山いづみ役に橋本環奈。公開された画像には「まるきん温泉」の巨大セットとそこに並ぶ3人の出演者が映っている。

 「湯道」という異色なテーマの脚本に、主演の生田は「小山薫堂さんが書かれた脚本は『銭湯』への愛と日本文化に対するリスペクトの気持ちが溢れ、そこに愛おしさとバカバカさが絶妙にマッチしていました」と語る。

 濱田岳は「最初、『湯道』と聞いて、“ん?何の話??”と思いましたが、生きる道が違う人達が、お湯を通して心が繋がっていく、とっても温かいお話だなと思いました」と語り、橋本環奈は「“湯道”という面白いテーマの元、小山薫堂さんの素敵な脚本でお芝居ができ、私自身とても楽しく参加させていただきました」とコメントした。

 映画『湯道』は2023年2月23日より全国公開。

 ※キャストと脚本、監督のコメント全文は以下の通り。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。