生まれつき目を持たない少女描くミュージカル「SERI」に山口乃々華・奥村佳恵・和田琢磨ら(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

conSept Musical Drama #7「SERI~ひとつのいのち」が、10月6日から16日まで東京・博品館劇場、22・23日に大阪・松下IMPホールで上演される。

【画像】左から高橋亜子、桑原まこ、下司尚実。(他3件)

本作は、倉本美香により2012年に発表された書籍「未完の贈り物」を原作としたミュージカル。同書では、両目の眼球がない状態で生まれてきた少女・千璃の8年間について、彼女の母である倉本がつづっている。

ミュージカル「SERI~ひとつのいのち」では、脚本・作詞を高橋亜子、作曲・音楽監督を桑原まこ、演出・振付を泥棒対策ライトの下司尚実が担当。千璃自身が感じたかもしれないことに想像を巡らせ、千璃とその母・美香、父・丈晴の親子3人を主軸とした物語が描かれる。出演者には千璃役の山口乃々華、美香役の奥村佳恵、丈晴役の和田琢磨のほか、植本純米、小林タカ鹿、樋口麻美、辰巳智秋、内田靖子、長尾純子、小早川俊輔が名を連ねた。

山口は「以前、同じ原作を題材にしたリーディングミュージカル『ダスク』を観劇させていただいたことがあり、その際には、深く感情移入し、今でも鮮明に思い出せるほどの、張り詰めた空気を感じていました。今回お話をいただいたときはご縁を感じましたが、それと同時にお受けするのに勇気がいりました。決して目を逸らすことをせずに、作品に向き合い続ける心が必要だと感じています」とコメント。

奥村は「光を手にするため、暗闇の中で途方もない闘いに挑み続けた美香さん。圧倒的な当事者である彼女を、何もかも経験したことのない傍観者の私が演じるということ。想像して、想像して。身体と声と心を器にして光を探したいと思います」、和田は「今回の作品『SERI』の台本を読んで、率直に胸が締めつけられました。容姿での優劣や世間に対するみえ、夫婦の価値観、家族を取り巻く普遍のテーマが随所に織り込まれてます。ついつい目を伏せがちなものばかりですが、同時にどれも身近なものであります。沢山の方にご覧頂きたいと思える作品に携わることが出来て光栄です」とそれぞれ胸の内を語った。

チケットの主催者最速早割先行の申込は、6月4日から19日まで受け付けられ、一般販売は8月27日にスタートする。なおクリエイター陣と出演の山口、奥村、和田のコメント全文は下記の通りだ。

■ 高橋亜子コメント
この作品は生まれつき両目の眼球がない少女の実話を元にしています。少女の母が書いた手記を読んだ時、胸に刺さった言葉がありました。それは「No Eyes」。アメリカで出産した母が、娘の障害を医師に宣告された時の言葉です。もちろん「眼球がない」ことを告げた言葉ですが、私の頭にはもっと広義の考えが巡りました。目を持たないとは何か? 見えないとは何か? たとえ眼球があろうと、自分の視点でしか見ない人、見たくないものを見ないこと……それもまた「No Eyes」ではないか。そんな観点から、人が認め合うことを描く作品にしたいと思いました。一人の少女を巡り、それぞれの視点でぶつかり合い、認め合う人々の姿が見えてくれば良いなぁと思っています。

■ 桑原まこコメント
今回はピアノ・ギター・マルチリード・チェロの4人で音を奏でることにしました。変わった編成だと思います。この編成でいこうとひらめきが私に届いた時、理由は一緒には届きませんでした。原作と台本を何度も読み、私に挑めるのかと悩む中で、その理由が私に教えてくれました。「千璃ちゃんがこの作品を観てくれたとき、音がカラフルであってほしい」と。音楽ができることは無限にあると信じていますが、どうしたって自分以外の気持ちの真実は、その人にしかわからないものです。だから最大限の想像力と優しさを持ってシンプルに。私らしく向き合っていきたいです。

■ 下司尚実コメント
SERIは実在する女の子とそのご両親のお話です。SERIさんがいるということ、彼女が住んでいる場所と日本は離れているけれど、同じ地球で私たちは今一緒に生きているということ。そしてそこに生まれた愛を、歌はもちろんですが、身体もめいっぱいに使って丁寧に描いていきたいと思います。

私自身さまざまな縁に恵まれて今ここに立っています。彼女の過ごした時間を舞台上に凝縮することは難しい作業だと思いますが、彼女とご両親が重ねたご縁のように、集まって下さった心強いキャスト、スタッフと共にパワフルに挑戦していきたいと思います。

■ 山口乃々華コメント
はじめまして。千璃役を演じさせていただきます、山口乃々華です。

以前、同じ原作を題材にしたリーディングミュージカル「ダスク」を観劇させていただいたことがあり、その際には、深く感情移入し、今でも鮮明に思い出せるほどの、張り詰めた空気を感じていました。

今回お話をいただいたときはご縁を感じましたが、それと同時にお受けするのに勇気がいりました。決して目を逸らすことをせずに、作品に向き合い続ける心が必要だと感じています。

両眼性無眼球症という難しい役ですが、想いを届けられるように演じていきたいと思います。

■ 奥村佳恵コメント
私は、ここまで向き合えるだろうか。

分身である我が子と、パートナーと、家族と、世界と。そして、他でもない自分自身と。

愛おしさも苦しみも、喜びもおそれも、心に降りかかるさまざまな思いを受け止めきれるだろうか。

誰かの心の中を見ることなんてできないし、誰もお互いを完璧に理解できない。

だけど孤独だからこそ、他者との繋がりをより温かく感じることができる。

私たちは誰かの存在の延長線上で、助け合って生きている。

光を手にするため、暗闇の中で途方もない闘いに挑み続けた美香さん。

圧倒的な当事者である彼女を、何もかも経験したことのない傍観者の私が演じるということ。

想像して、想像して。身体と声と心を器にして光を探したいと思います。

■ 和田琢磨コメント
丈晴役を演じます和田琢磨です。今回の作品「SERI」の台本を読んで、率直に胸が締めつけられました。容姿での優劣や世間に対するみえ、夫婦の価値観、家族を取り巻く普遍のテーマが随所に織り込まれてます。ついつい目を伏せがちなものばかりですが、同時にどれも身近なものであります。沢山の方にご覧頂きたいと思える作品に携わることが出来て光栄です。私自身、久しぶりのミュージカルですが精一杯努めたいと思います。ぜひ劇場にお運びください。

■ conSept Musical Drama #7「SERI~ひとつのいのち」
2022年10月6日(木)~16日(日)
東京都 博品館劇場

2022年10月22日(土)・23日(日)
大阪府 松下IMPホール

原作:倉本美香「未完の贈り物」
脚本・作詞:高橋亜子
作曲・音楽監督:桑原まこ
演出・振付:下司尚実
出演:山口乃々華、奥村佳恵、和田琢磨 / 植本純米、小林タカ鹿、樋口麻美、辰巳智秋、内田靖子、長尾純子、小早川俊輔

(c)2022,conSept LLC

コメントは受け付けていません。