玉木宏、吉田鋼太郎の“イタリアンマフィアかぶれ”の演技に驚き「なんの違和感もない」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の玉木宏、吉田鋼太郎が24日、都内で行われた映画『極主夫道 ザ・シネマ』(6月3日公開)の公開直前祭に参加した。

【集合カット】松本まりか&川口春奈も登壇!浴衣姿の豪華キャストたち

 本作は、同名コミック(著:おおのこうすけ/新潮社バンチコミックス)を実写化し、2020年に読売テレビ・日本テレビ系列で放送された連続ドラマの映画版。数々の伝説を残した最凶の極道 “不死身の龍(読み:たつ)”が、足を洗い選んだ道はなんと専業主夫。極道時代の外見や言動が抜けておらず、強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身につけ、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般をこなし、時にはご近所のトラブルに奮闘する。

 イタリア風味のマフィアで、龍の最強の敵である近藤を演じた吉田。イタリア語を操る役どころを好演した吉田に対し、玉木は「イタリアのマフィアっぽい人を演じられるのは吉田鋼太郎さんしかいない。そこに説得力を持たせるのは難しいと思うんですけど、なんの違和感もなく活躍されている」とにっこり。

 吉田は「世の中にそんな人はいないですからね(笑)。演じようにも手がかりがなかった」と苦笑いしつつ「『極主夫道』という世界は奇想天外。深いことは考えずに。出演者が竹中(直人)親分を筆頭に、ふざけた人ばかりなので、そのへんは悩まずに飛び込みました」と振り返る。印象的なイタリア語は「アリーヴェデルチ」だそうで、吉田は「なじみがなくて言いにくかった。それを言っている自分がウソをついているなって思った」と撮影を懐かしんでいた。

 舞台あいさつには、川口春奈、志尊淳、松本まりか、滝藤賢一、稲森いずみ、竹中直人も参加した。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。