猫を見て「かわいい」と思う理由 姿や鳴き声にあった!(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ねこのきもち WEB MAGAZINE

猫を見るとかわいいと感じたり、癒やされたりしますよね。実は人が猫をかわいいと思うのは、その姿や鳴き声に理由があります。本記事では、人が猫を見て「かわいい♡」と思う理由を「ベビースキーマ」と「鳴き声」に分けて解説します。

【ベビースキーマとは? 】
オーストリアの動物行動学者が行った研究によると、人がかわいいという感情をもつのは、「baby schema(ベビースキーマ)」と呼ばれる、ベビー図式が関係しているそうです。ベビースキーマとは、相手にかわいいと感じさせる顔の形態のこと。人はベビースキーマを見ると、かわいいと感じたり、母性本能がくすぐられたりするそうです。

【ベビースキーマの特徴】
ベビースキーマの主な特徴は、「体に比べ大きい頭」「やや下にある大きな瞳」「丸みをおびた輪郭」「前に張り出す広いおでこ」「小さな鼻」「短い手足」などです。猫のもつ特徴もこれらに当てはまるため、人は猫を見てかわいいと感じるのかもしれませんね。

ベビースキーマの特徴をもつのは猫に限らず、人の赤ちゃんにも当てはまります。また、猫や人などの哺乳類の赤ちゃんがベビースキーマの特徴をもっているのは、親がいなくなった場合も生き残れるようにするため、という説もあります。ベビースキーマは他の動物の母性本能も刺激し、「守ってあげたい(養護反応)」という気持ちにさせるからです。

猫をかわいいと感じるのは、人だけではないかもしれません。実際に、ゴリラや犬が子猫を育てたという話もあります。ある研究によると、人以外の哺乳類もベビースキーマによって、養護反応を示すことが明らかになっているそうです。

コメントは受け付けていません。