猫のマイクロチップの装着義務化で何が変わる?猫の飼い主が知っておくべきこと(ねこのきもち WEB MAGAZINE)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ねこのきもち WEB MAGAZINE

令和4年(2022年)6月1日に施行された改正動物愛護管理法によって、ブリーダーやペットショップが販売する犬と猫へのマイクロチップの装着と情報登録が義務づけられました。

この2つの義務化により、愛猫との生活にどのような変化が起こるのでしょうか? 

ねこのきもちWEB MAGAZINEでは、環境省動物愛護管理室室長の野村環さんにお話を伺い、マイクロチップ義務化について猫の飼い主として知っておくべきことをまとめました。

「犬や猫に装着するマイクロチップは、長さ8.2mm程度、直径1.4mm程度の円筒型の電子標識器具(電子タグ)です。

マイクロチップの内部はIC、コンデンサ、電極コイルからなり、外側は生体適合ガラスまたはポリマーで覆われていて、1つのマイクロチップごとに、世界で唯一の15桁の数字であるID番号が記録されています。

このマイクロチップを専用のインジェクターと呼ばれる注入器で動物の皮下に埋め込みますが、犬や猫の場合、装着場所は首の後ろが一般的です。

マイクロチップを装着した動物は、専用のリーダー(読取機)でID番号を読取り、その番号を照会することで個体識別や飼い主の情報を確認することができます。

動物へのマイクロチップの装着は、小さな名札や身分証明として世界中で広く行われています。」(野村さん)

猫のマイクロチップの装着時期は、生後4週齢頃から埋め込むことができるとされており、猫種や個体差、健康状態を診た上で獣医師によって装着されます。

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。