瀬々敬久監督、夏帆に失言し大慌て「セクハラだとは思わないでください!」(AbemaTIMES)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

生田斗真&瑛太主演最新作『友罪』の公開記念トークイベントが7日、TOHOシネマズ新宿にて行われた。登壇したのは、本作のメガホンを取った瀬々敬久監督と、瑛太演じる元少年A・鈴木に惹かれていく藤沢美代子役に挑んだ夏帆だ。

 上映後の熱気冷めやらぬ中、多数のリピーター鑑賞者の集まる会場に、盛大な拍手に包まれ登壇した夏帆と瀬々。「隣にいる友人が、かつて世間を震撼させた事件の元少年Aだったら」という、難解なテーマを扱った本作に対して、「正直即決で決められた訳ではなかった」と少なからず出演への迷いがあったことを告白した夏帆であったが、瀬々組には以前から憧れを抱いていたようで、「以前、別の作品でご一緒したスタッフの方が、「今までで一番印象に残っているのが瀬々監督の現場だった」と話されていたのがすごく印象に残っていて。初めて瀬々組に参加させていただけるのがすごく楽しみでした」と、役への不安よりも興味が勝ったオファー当時の心境を吐露。現場での瀬々の熱意溢れる演出には沢山の刺激を受けたとし、「(瀬々監督は)誰よりも真直ぐに作品と向き合っていて、熱量がとにかくすごい。私たちもそんな瀬々監督に引っ張られ、瀬々監督のために映画を作りたいと思える現場でした」と述懐しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です