漫画賞多数受賞の「チ。―地球の運動について―」アニメ化決定 マッドハウス制作(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

第26回手塚治虫文化賞でマンガ大賞(年間のベスト作品)に輝き、各界のマンガ好きの選考員が選ぶ「マンガ大賞」では2021、2022と2年連続入賞を果たした「チ。―地球の運動について―」のアニメ化が決定した。「HUNTER×HUNTER」「DEATH NOTE」「寄生獣 セイの格率」のマッドハウスがアニメ制作を担当する。

 魚豊氏による漫画「チ。―地球の運動について―」は、“地動説”を証明することに自らの信念と命を懸けた者たちの物語。ストーリーが進むごとに主人公が移り変わり、時代を超えて“主人公たちの意志”が受け継がれていく。「週刊ビッグコミックスピリッツ」に2020年9月~22年4月に連載され、コミックス累計売上部数は約250万部(電子含む)を記録。6月30日にコミックス最終巻が発売される。

 また、第26回手塚治虫文化賞や「マンガ大賞2021、2022」のほか数々の漫画賞を受賞している。

【受賞歴】
「マンガ大賞 2021」第2位
「マンガ大賞 2022」第 5 位
「次にくるマンガ大賞 2021」コミックス部門第10位
「このマンガがすごい!2022」オトコ編第2位
「第1回『このマンガがすごい!』芸人楽屋編」第6位
「THE BEST MANGA 2022 このマンガを読め!」第6位
「漫道コバヤシ漫画大賞 2021」グランプリ
「全国書店員が選んだおすすめコミック 2022」第5位
「第26回手塚治虫文化賞」マンガ大賞
「第46回講談社漫画賞」総合部門作品最終候補ノミネート
「第67回小学館漫画賞一般部門ノミネート」

コメントは受け付けていません。