“温湿度”コントロールがカギ! プロが教える冬の睡眠時のエアコン活用術(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

冬は寒さによる睡眠の質の低下が気になるところ。また、正月休みで体内時計が乱れてしまい、すんなり起きられないことも珍しくありません。そんな睡眠に関する困りごとが増える1月、改めて冬の睡眠を見直してみませんか? 今回はパナソニック調べの「冬の睡眠実態調査」結果と合わせて、冬の睡眠時のエアコン活用術を紹介します。

【グラフで見る】約65%が「睡眠の質が低下した」ことに悩んでいる!

■冬の睡眠時の悩みはさまざま

 パナソニックは、20代から60代までの男女550名に、冬の睡眠について調査を実施。「冬の時期(12月~2月)、寒さなどが原因で睡眠の質が下がると感じることがありますか?」という質問では、約65%の人が「寒さなどが原因で睡眠の質が下がると感じる」ことが判明しました。

 また、「正月休みに遅寝遅起きの生活になってしまい、休み明けに通常の起床時間に起きるのがつらいなどの体内時計の乱れ(セルフ時差ボケ)を感じたことがありますか?」という質問では、「はい」(47.8%)に対して、「いいえ」(43.1%)と、セルフ時差ボケを感じたことのある人が多いという結果に。

 一方で、冬の睡眠時のエアコン使用率は約31%と、寒さなどが原因で睡眠の質が下がると感じているにも関わらず、エアコンを使用していない人が多数いる現状が浮き彫りになりました。

 そして冬の睡眠時のエアコン使用の悩みトップは、「乾燥」(66.9%)、「音がする」(20.7%)、「風が当たる」(18.9%)、「暖まりすぎる」(17.2%)という結果に。これらの悩みが、エアコン使用を避ける原因となり、結果として睡眠の質の低下にも繋がっていると推測されます。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。