江戸時代と現代を結ぶ“不思議な縁”とは?劇団離風霊船「令和のKAIDAN」(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

劇団離風霊船「令和のKAIDAN」が、5月26日から30日まで東京のザ・スズナリで上演される。

【画像】劇団離風霊船公演「令和のKAIDAN」チラシ裏(他1件)

本作は、伊東由美子が「四谷怪談」をベースに書き下ろし、演出する作品。劇中では、江戸時代と現代を結ぶ“不思議な縁”が描かれる。

江戸時代、流行り病にかかった芝居小屋の興行主・左門は、一人娘のお岩と看板役者・伊右衛門を夫婦にし、2人が家業を継ぐことを祈り亡くなる。しかし、浮気性の伊右衛門はお岩に冷たく、金持ちの取り巻きと遊び呆けてばかり。一方現代では、ある地下アイドルの熱烈なファンの男が、現場で新型コロナウイルスに感染してしまい……。

出演者には伊東のほか、松戸俊二、倉林えみ、江頭一晃、瀬戸純哉、駒田侑香、岩崎六大、福地清、久保早里奈、久保健太、福地涼が名を連ねている。

■ 劇団離風霊船公演「令和のKAIDAN」
2021年5月26日(水)~30日(日)
東京都 ザ・スズナリ

作・演出:伊東由美子
出演:松戸俊二、倉林えみ、江頭一晃、瀬戸純哉、駒田侑香、岩崎六大、福地清、久保早里奈、久保健太、福地涼、伊東由美子

【広告】


コメントは受け付けていません。