殺し屋の図書館員VS暗殺組織 ド派手アクションが連発する「ガンパウダー・ミルクシェイク」予告編(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のネビュラ役や、「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のルビー役で知られるカレン・ギラン主演を務める「ガンパウダー・ミルクシェイク」の予告編が披露された。暗殺組織に立ち向かう殺し屋とその同志たちによる壮絶な攻防劇が収められている。

【動画】「ガンパウダー・ミルクシェイク」予告編

 ネオンきらめくクライム・シティにひっそりと佇む図書館。そこは殺し屋の女性図書館員たちが運営する数々の“本”が所蔵されている武器庫だった――そんな奇想天外なアイデアを発端に、飛び交う銃弾、ほとばしる血しぶき、渦巻く硝煙の中に女たちの連帯と共闘を描く。

 予告編は、夜の図書館にサム(ギラン)が登場するシーンから始まる。サムは優秀な殺し屋だったが、ターゲットの娘エミリー(クロエ・コールマン)を匿ったことで組織から命を狙われてしまう。激闘の末に辿り着いたのが、実は大量の銃火器が所蔵されている秘密の武器庫である図書館だった。

 サムは著名な小説家の名を冠した“本”(武器)を調達し、行方をくらませていた伝説の殺し屋であるママ(レナ・ヘディ)や、図書館員アナ・メイ(アンジェラ・バセット)、フローレンス(ミシェル・ヨー)と共に戦っていく。

 あわせて場面写真も披露され、二丁拳銃をぶっ放すヘディなどハードアクションを期待させるカットのほか、レトロなダイナーで母娘がホイップクリームが乗ったミルクシェイクを飲むポップなシーンなどが切り取られている。

 メガホンをとったのは、前作「オオカミは嘘をつく」がクエンティン・タランティーノ監督から絶賛されたナボット・パプシャド監督。本作はコロナ禍で公開・配信となった諸外国で話題を呼び、早くも続編制作が決定している。

 「ガンパウダー・ミルクシェイク」は3月18日から全国公開。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

    【癒されねむりふんどし】
女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。