死後20年間作品の公表を禁じた、スウェーデンの画家ヒルマ・アフ・クリントのドキュメント4月公開(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

抽象的絵画の先駆者でありながら、長らくその存在を知られていなかったスウェーデンの女性画家ヒルマ・アフ・クリント(1862~1944)のドキュメンタリー映画「見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界」が、4月に公開されることがわかった。

【フォトギャラリー】「見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界」場面写真

 1862年、スウェーデンに生まれたヒルマ・アフ・クリントは、王立美術院で学び、伝統的な絵画で成功を収めたが、妹の死などを経て神秘主義に傾倒。独創的な絵画を手掛けるようになる。その独創性は同じ思想を持つ4人の女性芸術家と結成した「5人」の活動やルドルフ・シュタイナーとの出会いで、輝きを増していく。しかし、カンディンスキーやモンドリアンより早く、独自の手法で抽象的絵画を描き、また、同時代の画家たちが新たな芸術作品を発表する中、アフ・クリントは自身の革新的な作品を世に出さず、自分の死後20年間は公表を禁じてこの世を去った。

 月日は流れ、突如世界に発見されたアフ・クリントは、各地で評判を呼び、2019年NYのグッゲンハイム美術館の回顧展では、同館史上最高の来場数(約60万人)を記録。巨匠ラッセ・ハルストレムが最新作「Hilma」でその生涯を描くなど、大きな話題となった。自分で道をつくり、その道を歩んだ画家が、目に見えるものを超えて見つめていた世界とは? キュレーター、美術史家、科学史家、遺族などの証言から、謎に包まれたその生涯、そしてアフ・クリントを拒んだ美術史の裏側にも迫るドキュメント。

 4月より、ユーロスペースほか全国順次公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。