櫻坂46菅井友香、涙の『レコメン!』卒業発表 今なら理解できる「生きるとは変わること」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

アイドルグループ櫻坂46のキャプテン・菅井友香が、6日に放送された文化放送『レコメン!』(月~木 後10:00~深1:00)を9月いっぱいで卒業することを発表した。菅井はお笑いコンビのオテンキ・のりとともに、2017年4月から月曜24時台のWパーソナリティーを務めてきた。

【画像】『レコメン!」卒業…菅井友香の直筆メッセージ

 リモート出演した菅井は「9月いっぱいで月曜Wパーソナリティを卒業します」と番組卒業を発表。「さみしいですけど、4年半お世話になったので。ありがとうございます」とあいさつすると、「“生きるとは変わること”という歌詞の意味が今なら理解できると思います」と話し、欅坂46の「二人セゾン」をオンエアした。楽曲が放送されている間、「きょう明るくいこうと思ってたのに、涙が止まらなくてすみません」と涙を流した。

 深夜0時の時報が明けてからも、BGMに「二人セゾン」が流れると「寂しいです。自分で言って改めてそうなんだなって」と涙声に。「4年半いろいろなことがあったけど、月曜日、こうやって続けさせていただいて本当にありがたい環境だったと実感していますし、感謝しています。いっぱい思い出があって数えきれないです。自分が出演しているところを聴き直しているとき、ラジオは難しいな、まだまだだなと感じることがすごく多かったので、ラジオの楽しさと一緒に、難しさも感じました」と語った。

 さらに、「放送が月曜日で、土日のライブとか発表のあとにレコメンでお話しさせていただくことが多かったので、不安定だったときは大変だなと思うこともあって。でも自分の声でファンのみなさんにお話しできる場があるのがありがたいなと感じていました。スタジオに入るときに“怖いな”と思ったときもあったんですけど、放送前にのりさんがいろいろ話してくださって、笑顔で楽しく放送できました」と振り返つた。

 菅井はきょう8日まで『がんばりき祭り!』と題し、菅井が3日連続生出演。きのう7日は日向坂46加藤史帆と、きょう8日は乃木坂46の田村真佑と共演する。

 菅井の番組卒業発表は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。