櫻坂46「BACKS LIVE!!」 小池美波が涙「BACKSのイメージも変わったら」(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

櫻坂46が8、9日に東京ガーデンシアターで今回で2度目となる「BACKS LIVE!!」を開催。本稿では、全16曲を披露した9日公演の模様をレポートする。

【写真】櫻坂46「BACKS LIVE!!」ライブフォト(32枚)

 櫻坂46は、シングル表題曲とカップリング曲のすべてに参加するメンバー“櫻エイト”と、各曲のフォーメーションで三列目を支える“BACKS”のメンバーで、楽曲のパフォーマンスを構成している。

 今回の公演は、3rdシングル「流れ弾」でBACKSを担った上村莉菜、尾関梨香、小池美波、齋藤冬優花、原田葵、井上梨名、遠藤光莉、大園玲、大沼晶保、幸阪茉里乃、関有美子、武元唯衣、藤吉夏鈴、増本綺良、松田里奈、守屋麗奈の16名が参加。ステージでは、各メンバーが異なる楽曲のセンターを“立候補制”で務めた。

 一人一人のBACKSライブに込めた思いを伝えるVTRが明け、開演を告げる「OVERTURE」でライブは幕を開けた。

 純白の衣装に身を包んだメンバーが登場。1曲目の「ソニア」ではセンターの小池を中心に、かれんなメロディーに乗せてメンバーたちが舞う。

 参加メンバー全員のMCではグループの副キャプテン・松田が進行を務め、会場や配信で見守るファンを鼓舞。原田、幸阪、関、齋藤がライブにかける意気込みを語った。

 MC後は激しいダンスサウンドに合わせて、齋藤、原田、尾関、幸阪、武元、守屋、小池がそれぞれ個性溢れるソロでのダンスパフォーマンスを披露。そこから続いたのは、2ndシングル表題曲「BAN」。曲中ではセンターの遠藤が挑発的な視線を送りながら「時間はあんなにあったじゃないか」とセリフをつぶやく。

 次の「半信半疑」では力強いダンスに定評ある齋藤がステージ中央で堂々と舞い、続く「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」では楽曲MV同様の“糸”を使ったパフォーマンスを見せ、センターの藤吉がしなやかに舞い踊った。

 上村が進行を務めたMCでは、尾関、増本、大園が2022年明けてすぐのライブということで“正月の過ごし方”をテーマにしたトークを展開。鹿児島県出身の大園は故郷へ帰ったと明かし、尾関は、おいっ子と久々に会えたとうれしそうに語った。

 増本は「2日からは自主練していいよって、スタジオをね、開けていただいていたので。上村さんと一緒にお正月を過ごしました」と話し、クリスマスも一緒に過ごしたと報告。クリスマスには上村と一緒に「ピッツァ食べました」と増本は話すが、上村は「私は食べてない」。その言葉を受けた増本は「人違いでした」とつぶやき、メンバーの笑いを誘った。

 パフォーマンスへ戻り「最終の地下鉄に乗って」ではセンターの井上をはじめ、メンバーが真剣なまなざしで楽曲を表現。

 メンバーに抱きかかえられた原田が目を覚ます場面から始まった「君と僕と洗濯物」では、明るいメロディーに合わせてそれぞれの笑顔が光る。軽やかなダンスパフォーマンスで魅了した「Microscope」では曲の最後、センターの大園がカメラに向かいほほ笑みながら投げキッスをした。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。