横浜流星、役作りで広瀬すずを待ち受けに 関係性が壊れる演技に自虐「もう慣れっこ(笑)」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の横浜流星(25)、李相日監督(48)が4日、都内で行われた映画『流浪(るろう)の月』(公開中)ティーチインに登場。横浜が関係性をつくるのが難しかったという、同作で恋人を演じた広瀬すずとのエピソードを明かした。

【写真】ワイルド!横顔が美しい横浜流星

 同作は、広瀬すずと松坂桃李のダブル主演で、凪良ゆうの本屋大賞受賞作を李相日監督が実写映画化。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・更紗(広瀬)と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・文(松坂)が、15年後に再会したことから始まる物語となる。横浜は15年後の更紗の恋人・中瀬亮を演じる。

 李監督が「すずと、なかなか関係性が築けなくて苦労しているところから始まって…。ほんとにこの2人で大丈夫かなと頭抱えるくらい。とは言え作品で体を触れ合わせるシーンもあるわけで、どのあたりでギュッと関係性が縮まったのかな?」と役作りについて言及。

 それに対し、横浜は徐々に距離が縮んでいったと打ち明け、「撮影前の期間までに、関係性を作れるようにたくさん会ったりとか、あとはすぐ目につくように待ち受けにしたりとか。ずっと更紗(広瀬)のことを考えていくうちに気持ちがどんどん芽生えていったという感じです」と振り返った。

 さらに、映画の中で関係が近づいていく過程と壊れていく過程が描かれていることについて、李監督が「(役作り)どっちがしんどかった?」と聞くと、横浜は「関係をつくる方ですね(笑)」と回答。「壊れていくのは楽だった?」と李監督がつっこむと横浜は「もう慣れっこです(笑)」と自虐を交えつつ笑いを誘った。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。