椅子のひじ掛けから足がピーン! 猫の奇天烈な寝相に「かわいいおケツ」「ストレッチ中?」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

椅子からのぞく、プリっとしたお尻と伸びた脚…「あんよピーン」「かわいいオケツ」と反響を呼んだのは、16万以上のフォロワーを持つ黒猫の“くろあん”くん(愛称:ろん/7歳・オス)。ツイッター上の絵日記をきっかけに、くろあんくんとの日常を描いたマンガ『くろねころんと暮らしたら』も発売中だ。飼い主のAKRさんに、日々の投稿の裏側と愛猫との暮らしについて聞いた。

【写真】「心臓が一瞬止まりました」まだまだある、くろあんくんのヤバカワ寝相集

■まるで人間のような寝相!? 言葉を理解しているかのようなやり取りも

――寝相の投稿に反響がありました。これ以外にも、おもしろかった&びっくりした寝相はありますか?

【AKRさん】人間のようにお腹にタオルや毛布をかけて寝ていることがあります。タオルの中に潜りこみ、タオルの中でUターンして顔と足を外に出して自分でかけているようです。他にも、エコバッグに入って顔だけ出して寝ていたこともありました。

――投稿を見ていると、まるで日本語を理解しているようなやりとりにほっこりします。一緒に暮らす中で、くろあんくんがAKRさんの気持ちがわかっているなぁと思うような行動はありますか?

【AKRさん】「一緒に寝よ~」と声をかけると、トコトコと寝室まで先導してくれます。また、ゴハンを食べたいアピールされたあとに「今日の分は全部食べたでしょ」と伝えると、くるりと後ろを向いて、しっぽで顔や頭を軽くペシペシペシペシ…と叩かれます(笑)。

――改めて、くろあんくんをご家族として迎えたきっかけを教えてください。

【AKRさん】「もしいい縁があれば保護猫と一緒に暮らしたいなぁ」と思っていたのですが、今まで猫と暮らした経験も知識もなかったので、まずお付き合いのある動物病院に保護猫についていろいろ教えてもらおうと話を伺いに行きました。そこで先生に「今ちょうど1匹だけ保護した野良の子猫がいるから会ってみて!」と言われ、抱っこさせてもらったのが“ろん”です。獣医さんに「いろいろフォローするから」と言っていただいて、それなら安心だと思ってお家に迎えました。

――愛称は“ろん”とのことですが、くろあんくんの名前の由来は?

【AKRさん】ろんが、野良猫生活をしていた動物病院の周辺で保護され、里親さんの元へ行った猫たちの名前が、「お餅につけて食べるもの(あんこ系・きなこ系など)」の名前ばかりだったので、それにあやかって名付けました。

――お餅からインスピレーションを得た名前なんですね。

【AKRさん】私もろんも三重県の出身で、三重北部から伊勢神宮へお参りする道中に各地で名物の餅があって。「参宮街道」は別名で「餅街道」と呼ばれるくらい、三重県民にとって餅は身近で大好きなものなのです…!(笑)

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。