森山未來、映画『サムライマラソン』で身体能力を発揮「1人トライアスロン状態」(AbemaTIMES)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:森山未來

21日、映画『サムライマラソン』(2月22日公開)の完成披露イベント&レッドカーペットイベントが行われ、主演の佐藤健をはじめ、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜、バーナード・ローズ監督が出席。体を動かすシーンが人一倍多かったという森山が、過酷な撮影を振り返る一幕があった。

 本作は、日本史上初めてのマラソン大会といわれる「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台にした土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)を映画化した、幕末エンタテインメント。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のようなマラソン大会が、いつのまにか江戸幕府の陰謀によって、藩の存亡をかけた戦いへと変貌していく物語だ。

 森山はイベント冒頭で「バーナードのパッションをもとに、役者が一丸となってセッションを重ねて生まれた、とても勢いのある映画だと思います」と挨拶。映画のテーマがマラソンなだけに、染谷が「本当に走りました。人生でこんなに走ったことないぐらい」と話すほど、出演者によっては走るシーンの撮影も多かったようだ。

 その中で森山が演じた辻村は、登場人物の中で最も動きの多い役どころ。森山は「個人的には馬に乗ったり、走ったり、水の中で泳いだり。一人トライアスロン状態ではありましたね」とハードな撮影を回顧。

 乗馬は初めての経験だったそうだが、両手を離して馬に乗るシーンの撮影にも挑んだとのこと。「普通はできないようなことをやっていらっしゃる」とMCが驚くと、青木から「それができる男が、森山未来です」と絶賛され、森山は照れ笑いを浮かべた。

 現場ではバーナード監督から「台本を見るな」と指示があったそうで、佐藤が「脚本家はほぼ森山未来」と発言するほど、森山は自分で台詞を考える場面も多かったという。森山は「色々なアプローチがあって、みんなさまざま。喋らないという選択をする人もいれば、やるという選択肢の人もいて。すごく多様な現場になったと思う」と、撮影現場を振り返っていた。

テキスト:水野梨香
写真:オカダマコト

コメントは受け付けていません。