板橋区の「人気商店街」が消滅危機――大規模開発と住民生活に揺れる現場から(アーバン ライフ メトロ)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:アーバン ライフ メトロ

板橋区の「ハッピーロード大山」といえば、

・戸越銀座
・十条銀座
・砂町銀座

の「三大銀座」に匹敵する、都内有数の活気あふれる商店街です。

【画像】すでにシャッター店も……大規模開発に揺れる、板橋区の「ハッピーロード大山」を見る(計8枚)

 全長約500mのアーケード商店街で、商店数200店舗以上、1日の商店街利用者は約3万5000人、周辺人口は数万人、商店街に内包されている東武東上線大山駅の1日の乗降者数は5万人以上と、廃れる要素の少ない将来安泰な商店街と見られていました。

 ところが、この商店街は今、「大規模都市開発」により廃れるどころか消滅の恐れすら抱えているのです。

 大山地区の再開発は複数のプロジェクトが同時に進行しており、このまま計画が進められれば、ハッピーロードは半分ほどの長さになってしまう可能性をはらんでいます。

 今回はこの大山の再開発についてのお話です。

【広告】


コメントは受け付けていません。