松本潤、なにわ男子・長尾謙杜の魅力を熱弁「好青年=長尾。あいさつが爽やか」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

嵐の松本潤、なにわ男子の長尾謙杜が17日、都内で行われたテレビ朝日系連続ドラマ『となりのチカラ』(20日スタート 毎週木曜 後9:00)の記者会見に出席。作風になぞらえて、それぞれの“チカラの源”が問われた。

【写真】夫婦役で初共演する松本潤&上戸彩

 この質問に松本は「真面目な答えでいいんですかね?」と少し照れながら「やっぱり人の笑顔とか、人が明るくなる気持ちみたいなものが源ですかね。笑顔の絶えない現場の方が楽しいし、このドラマを見てくださった方が、少しでも明るい表情をしてくれることを想像しながら作品を作っています」とほほ笑みながら回答。

 続けて長尾は「僕のチカラの源は、なにわ男子のメンバーです!」と即答。「グループができてから、悔しい思いやうれしい思い、いろんなことを経験してきた。ずっと隣りにいるので。そしてファンの皆さまも、キャストの皆さまのチカラの源です」と爽やかな笑顔を振りまいた。

 後輩のフレッシュな発言に温かいまなざしを送っていた松本は、改めて長尾の印象を聞かれると「とにかく好青年で、好青年=長尾。朝入ってきたときのあいさつがものすごく爽やか。そういうのって大事だと思うし、それを計算じゃなく心からやっているのが彼の魅力だと思います」と熱弁していた。

 今作は思いやりと人間愛だけは人一倍、だけど何をしても中途半端で半人前な男・中越チカラ(松本)が、同じマンションに住む住人たちの悩みを解決し、やがてそのマンションがひとつのコミュニティーとなって強いつながりを持っていく姿を描く。松本がこれまでのイメージからはちょっとかけ離れた“中腰の男”で新境地を開拓する。

 会見にはそのほか、上戸彩、映美くらら、ソニン、清水尋也、浅野和之、風吹ジュン、松嶋菜々子、脚本の遊川和彦氏が出席。登壇予定だった小澤征悦は、体調不良のため欠席した。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。