松本人志、千原ジュニア考案『座王』新春SPで“審査委員長” 芸人愛あふれる審査(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、来年1月2日放送のカンテレ・フジテレビ系『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王新春SP』(後10:00)に出演し、審査委員長を務めることが決定した。

【写真たくさん】松本人志審査委員長の新春SPに豪華芸人がズラリ

 千原が考案した『座王』は、漫才やコント、ピン芸、歌ネタなど作り込んだネタではなく、即興ネタを競い合う“笑いの総合格闘技”。ルールは、芸人たちが「大喜利」「ギャグ」「モノマネ」などのお題が書かれたイスを使ってイス取りゲームを行う。座れなかった芸人は、「このお題であいつだったら勝てる!」と思う芸人を指名し、指名された芸人のイスに書かれたお題に沿ってネタを披露し、2人のうちどちらが面白いかを、審査委員長が判定。最後まで勝ち残った者が新年初「座王」に輝く。

 島田珠代、ずん・飯尾、野性爆弾・くっきー!、笑い飯・西田、アルコ&ピース・平子、ミサイルマン・岩部、R藤本、アインシュタイン・稲田、ロングコートダディ・堂前、コロコロチキチキペッパーズ・ナダル、霜降り明星(粗品、せいや)、オズワルド(伊藤、畠中)、蛙亭・イワクラ、ぼる塾(田辺、はるか)、吉住、エルフ・荒川、ラランド・サーヤといった豪華メンバーがズラリ。

 収録冒頭で、MCの千原から「5年ほど関西の深夜でやっていたんですけど、ご存じだったでしょうか?」と聞かれた松本は「オレ、オファーもらって、やりますって即答したんですけど、え? こっち(プレイヤー)じゃなくて?」と笑わせた。さらに「うちの嫁さんが座王がめちゃくちゃ好きで、絶対見た方がいい、絶対見た方がいいって、あんまり言うから絶対見たらんとこって」と座王の審査委員長を引き受けた経緯を語った。

 「なんか元気なくないですか? 元気ないんはオズワルドだけやろ! ほかなんで元気ないんか分からへん!」とスタジオの空気の重さを見かねた松本が“M-1”で優勝を逃したオズワルドを引き合いにプレイヤーたちをリラックスさせると、すかさず千原も「いつも通りよ皆さん! いつも通り、休み時間にキャッキャ言ってるあの感じを…今日はたまたま校長先生が見ているだけ」と重ねた。

 収録を終え、千原は「20人のプレイヤーが)最初めちゃめちゃ硬かったなあ。全然イスの周り回ってなかったなあ(笑)。まぁでもその緊張感が良いですね」と回顧。自身は平常心で挑めたのかと向けられると「いやいやいや。僕もやっぱりそりゃ全然違いますよ。となりに松本さんが居てるのとそうじゃないのは」と明かしながらも「でも、なんか思いのほか、俺が言うのもあれですけど、赤いジャケット普通に似合ってたで」と審査委員長の赤いジャケットに違和感がない松本を振り返った。

 松本の審査で印象に残ったことでは「やっぱりね、めちゃくちゃやさしい芸人に。だからもう、極力ドローを出さないとか。ほんと僅差のその差を見つけてあげようとしているところが。すごい愛のある審査でしたね」と松本の芸人愛に賛辞。さらに、収録で印象に残ったことでは、「やっぱり普段やってるお題のテイストが若干変わったのは“メンチ”。審査委員長に向かってメンチ」と即答した。

 審査委員長にプレイヤーが“メンチ”を切ってひとこと言うというお題なのだが、松本に後輩芸人がメンチを切るという恐怖のお題に「まあ、あそこで空気がいつも通りに戻ったというか。いつもより良くなったというか。変わったというか。きれいに扉が開ききった感じがしましたね」と番組のターニングポイントをあげた。「これはもう本当にお正月番組。なんの情報性もない。ただただ最初から最後まで面白いだけ。どっから見ても途中から見ても、何やってるか一瞬でわかって、そっから最後まで笑える。非常に良いコンテンツになってると思いますので、ぜひご覧いただいて! そしてまた我々はひっそりと関西の深夜に戻るという」とアピールしていた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。