東京駅からワンコインで行ける! 高速バス「1時間プチ旅行」の知られざる魅力とは(アーバン ライフ メトロ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:アーバン ライフ メトロ

全国各地を網の目状に結ぶ高速バス。東京からも多くの路線が発着し、中には10時間以上かけて青森県や福岡県まで行く路線もあります。一方、近場で気軽に利用できる高速バスもあり、鉄道との車窓とはまた違った車窓を楽しめます。

【地図】今回のゴール地点「東名向ヶ丘バス停」

 今回紹介するのは東京駅と静岡県や愛知県を結ぶ「東名ハイウェイバス」です。静岡や愛知はちょっと遠いと思う人も多いとは思いますが、この高速バス路線は途中のバス停での乗降が可能になっています。

 その中でも東京駅から最も近い乗降可能なバス停「東名向ヶ丘」バス停(川崎市)までは所要時間40分、運賃は470円。ワンコインで手軽に高速バスの車窓から東京の風景を楽しむことができます。

 では、「東名ハイウェイバス」はどのようなルートを走るのでしょうか。出発地点は東京駅にある東京駅高速バスターミナルです。このターミナルからは主にJRバスが全国各地へ向けて発車します。

 ひっきりなしに発着するバスのなかで今回乗るのは、東名高速方面に向かうバス。さらにそのなかでも便名に数字の便数のみついているか、「東名ライナー」という愛称がついているバスです。

 基本的に静岡行き、あるいは浜松行きのJRバスが該当します。「スーパーライナー」という愛称がついている便は東名向ヶ丘バス停を通過してしまうので注意しましょう。

 バスのチケットは当日東京駅のカウンターで買い求めてもいいですし、乗る便が決まっていればインターネット上にある予約サイト「高速バスネット」でも買い求めることができます。いずれにしても少し時間に余裕を持って乗るようにしましょう。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。