本田圭佑が同点弾、じゅんいちダビッドソンの“予言”が的中(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

「2018FIFAワールドカップ」の日本対セネガル戦が24日、ロシアのエカテリンブルグで行われた。

 試合は前半11分、セネガルが先制。その後、前半34分に日本が乾貴士選手のゴールで同点に追いつく展開となった。しかし、後半26分には再びセネガルがリード。日本は1点ビハインドとなり、本田圭佑選手(32)、岡崎慎司選手(32)がここで出場。後半33分に乾選手のクロスを本田選手が合わせ、同点に。試合は2-2の引き分けで終了した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。