未曾有の大惨事を一般市民の視点から描いた映画『チェルノブイリ1986』本編映像(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

1986年4月26日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国プリピャチのチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。のちに超大国のソ連が崩壊した一因になったとも言われるこの未曾有の大惨事は、現地の人々の日常生活や生命をどれほど脅かし、その人生に壊滅的な影響を与えたのか。事故発生当時、現地で撮影した経験を持つプロデューサーが、爆発直後に現場に急行した消防士たちの苦闘や避難民たちの混乱ぶりなど、一般市民の視点からリアルに映し出した、映画『チェルノブイリ1986』が5月6日より東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される。

【動画】映画『チェルノブイリ1986』本編映像+予告編

 本作から、主人公の若き消防士アレクセイがチェルノブイリ原発の爆発の混乱の中、やっと再会できた元恋人オルガと被ばくした息子の治療を約束するシーンの本編映像が解禁となった。

 息子が被ばくしたことに動揺し、激しく気持ちをぶつけるオルガだったが、アレクセイに抱きしめられ、徐々に気持ちが落ち着いてくる。「あの子を迎えにいこう。飛行機でスイスに行って治療を受けられる」。アレクセイからの申し出にビックリするオルガは「なんでスイスなの?」と聞く。アレクセイは「いい医者がそろってる。最善の策だ。あの子を飛行機に乗せればいいだけだ」と優しく諭す。

 オルガは一縷の望みを賭け、息子をスイスに行かせることを決意。スイスに旅立つ日、息せき切って駆け寄るオルガが見たのは、虚ろな目で横たわる息子の姿だった。「会いにいけなくてごめんね。助けてもらえるからね」と 、優しく話しかけるオルガに医師が息子の名前を確認する。「ああ、うちの戦士だ」と答えるアレクセイ。「ロシア語ができる医師は?」と、懇願するように問いかけるオルガだったが、「私がいる」と、医師は冷たく答える。再び「大好きよ」とオルガは息子に伝えるが、不安げな様子の息子は絞り出すような声で「ママはこないの?」と聞くが…。息子は果たしてスイスに無事にたどり着き、治療を受けることができるのか。

 監督と主演のアレクセイを兼任したコズロフスキーは、本作について次のように語る。「原発事故の規模はもちろん重要ですが、私たちが目指したのは原発事故が人々にどのような影響を与え、彼らがどのように感じたのかということです。事故が彼らをどのように変えたのか、そして彼らがどのような疑問や選択に直面し、いかなる決断を下したのかを見せたいと思いました」。

 さらに、「この映画を大きなスクリーンで観てもらいたい」と語り、その最大の理由を「これは人間そのものについての物語です。そして人間の複雑かつ難解な感情や自己犠牲について、さらには意志や性格にかかわらず運命がいかに人々を不本意なヒーローにするかについての物語なのです」と説明している。

 なお、配給会社のツインは「戦争を行っている国家としてのロシアではなく、戦争反対を表明し一日も早く平和が訪れることを願うロシア、ウクライナを代表する映画人によって製作された本作の公開を通じ、世界を震撼させた大事故の中で必死に生きようとした人々の姿を知り、平穏に暮らせる日々の尊さを再認識する一助となることを願っています」とし、本作の興行で得た収益の一部は、ユニセフなどウクライナの方々への人道支援活動を行う団体に寄付することを表明している。

■公式サイト
https://chernobyl1986-movie.com/

(C)Non stop Production LLC, ( Central Partnership LLC, ( GPM KIT LLC, 2020. All Rights Reserved.

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。