木村拓哉、長澤まさみの覚悟と強さを尊敬「一度決断したら、作品から逃げない」(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

木村拓哉が14日、都内で行われた映画『マスカレード・ナイト』公開直前イベントに長澤まさみと共に出席。前作からタッグを組む長澤に対し、女優としての強さと覚悟を絶賛していた。

【写真】木村拓哉&長澤まさみ、アクリル板越しに接近 『マスカレード・ナイト』公開直前イベントの様子

 ベストセラー作家・東野圭吾の小説『マスカレード』シリーズを実写映画化した『マスカレード・ホテル』の続編となる本作。木村演じる破天荒な刑事・新田浩介と、長澤ふんする真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美が、ホテル内で開催されたカウントダウン・パーティーで起きた事件を解決する姿をスリリングに描く。

 劇中では“水と油”と称されるように、正反対の立ち位置にいる木村と長澤だが、互いに俳優として尊敬する部分は多いという。木村は「一緒に作業をしていて楽しい」と長澤を称賛すると「台本の読み方や捉え方、間がいい。1度も読み合わせをしていないのに、現場でセッションをするとすごく気持ちよく進むんです。前作から2年間空きましたが、一瞬にして山岸さんと新田というキャラクターの関係性になれる」と賛辞を述べる。

 木村の評価に長澤は「大変嬉しいです」と満面の笑みを浮かべると「毎日撮影していてすべて同じテンションだと、終盤にバタバタになってしまう。木村さんからは、現場で集中力をどうコントロールするかを学ばせていただきました」と撮影を振り返る。

 また「芝居の向き合い方で尊敬できる部分は?」という問いに木村は「まさみちゃんは、作品に出るという決断をしたあとは、その作品から1度たりとも逃げていないなと感じました。強さと覚悟を持って作品に臨んでいる」と回答。

 長澤も「木村さんはこれまで数々の作品でたくさんのものを生み出してきているすごい方なのに、常に素直で人の意見を受け入れる心を持っている。大人になるとなかなか素直になることって難しいと思うのですが、スポンジのように柔らかく吸収している木村さんを見ていると、本当にすごいと思います」と、最高のパートナーであることを強調した。

 そんな2人だったが、相性を測るクイズでは結果が出ずに苦笑い。木村が「これ大丈夫?」と報道陣に問いかけていたが、長澤は「結果はダメでしたが、相性の良さは伝わったと思います」とフォロー。ここでも相性の良さを発揮していた。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。