最後に騙すのは、仲間。「コンフィデンスマンJP 英雄編」22年1月14日公開&意味深なビジュアル完成(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気シリーズの劇場版第3弾「コンフィデンスマンJP 英雄編」の公開日が2022年1月14日に決定。あわせて、「最後に騙すのは、仲間。」という意味深なコピーをおさめたティザービジュアルも披露された。

【フォトギャラリー】大ヒットした前作「コンフィデンスマンJP プリンセス編」キャストをおさらい

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズやドラマ「リーガル・ハイ」シリーズで知られ、23年のNHK大河ドラマ「どうする家康」も待機する古沢良太氏が、オリジナル脚本を手がけた人気ドラマ「コンフィデンスマンJP」。ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)という3人の信用詐欺師たちによる、予測不能な騙し合いを描いた。19年には初の劇場版「ロマンス編」が公開され、興行収入29億7000万円を記録し、続く20年の第2弾「プリンセス編」は前作を超えて興行収入38億4000万円をあげた。

 第3弾「英雄編」の舞台は、地中海に浮かぶイタリア・シチリア島南部のマルタ島。世界遺産に登録されている首都・バレッタで、ヨーロッパに進出したコンフィデンスマンたちの新たなコンゲーム(ゲームのように二転三転する物語のこと)の幕が開く。

 ティザービジュアルは、既報のコメント映像で見せた甲冑姿から一転、鋭い眼光で大人の色気を漂わせるダー子&ボクちゃん&リチャードを活写。いままで見たことのない雰囲気の3人にドキッとさせられ、“大人の騙し合い”を予感させる仕上がりとなっている。さらに、別バージョンのビジュアルには、“ファム・ファタール”のような妖えんさを身にまとい、目をふせるダー子と、「最後に騙すのは私。」という言葉が切り取られている。ティザービジュアルを使用したチラシは、9月17日から全国の映画館(一部劇場を除く)で順次配布予定だ。

 「コンフィデンスマンJP 英雄編」は、22年1月14日に公開。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。