最強アクションスターが“危険人物”を怪演 「炎のデス・ポリス」クライマックスの銃撃戦公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」「スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい」のジョー・カーナハンが監督を務める「炎のデス・ポリス」の本編映像の一部が披露された。クライマックスの銃撃シーンを収めている。

【動画】「炎のデス・ポリス」本編映像

 ある夜、砂漠地帯にたたずむ小さな警察署に、暴力沙汰を起こした詐欺師テディが連行されてくる。マフィアのボスに命を狙われているテディは、避難するためにわざと逮捕されたのだ。しかし、マフィアに雇われた殺し屋ボブが泥酔した男に成りすまして留置所に入り込む。新人警官ヴァレリーの活躍によってボブのテディ抹殺計画は阻止されるが、さらなる刺客としてサイコパスのアンソニーが現れ、署員を次々と血祭りにあげていく。

 披露された映像は、詐欺師のテディがガソリンタンクを蹴りつけ、発砲するシーンから始まる。これが激烈な闘いの開幕のファンファーレかのように、ド派手な銃撃戦が怒涛のスピードで展開される。

 テディを演じたフランク・グリロのは、鍛え抜かれた肉体を武器に多くのアクション映画で活躍。マーベル映画「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」でブロック・ラムロウ/クロスボーンズ役に抜てきされ、以降も同役で「キャプテン・アメリカ」シリーズや「アベンジャーズ」シリーズに参加した。

 グリロは、本作で演じた強烈なキャラクター、テディについて「彼は自分の面倒を見てくれている人たちに逆らって問題を起こす、とても危険な人物だ。マフィアだけでなく、政治家や警察さえも引き摺り下ろすことができる。だから、彼は物語の中で非常に危険な存在であり、誰かが制御しなければならない」と説明。本作については「これは本当に純粋なエンターテイメント作品だよ」と語っている。

 「炎のデス・ポリス」は、7月15日から公開。

コメントは受け付けていません。