暗いイメージを持たれがち… 全盲である自身の生活をSNSで発信「すごく楽しく過ごせています」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

YouTubeやTwitterを通して、盲導犬や全盲である自身の暮らしを伝える活動をしている浅井純子さん。現在48歳の浅井さんは、30歳までは健常者として生活していたが、2019年に病で完全に視力を失った。それでも、盲導犬のヴィヴィッドくんとの生活は「すごく楽しい毎日を送っている」と語る。“全盲の世界を超ポジティブに生きる人”と自ら名乗り、SNSで積極的に活動する理由を伺った。

【写真】幸せそうに笑う浅井さんと盲導犬のヴィヴィッドくん「笑顔が素敵すぎる」

■“盲導犬入店拒否”に不満漏らしていた時期も…「これからも知っていただく機会を増やしたい」

――浅井さんはYouTubeやTwitterなどで多くの情報を発信されておりますが、視覚障がいを持つ方はどのようにSNSを利用しているのでしょうか。

私の周りにいる人は私と同じ年代の方が多いのですが、みんなネットを使いこなします。スマホの音声読み上げ機能がありまして、それを駆使しています。視覚障がいを持つ人達のライングループもあったりしますし、TwitterなどのSNSを通じて多くの情報を得ることができたり、発信されている方も多いんです。それで情報を共有している人は多いですね。

――浅井さんはTwitterで毎日発信されていますよね。

私の場合はTwitterを発信のみに使っていて、これからも知っていただく機会が増えればと思っています。また、SNSで多くの方とつながることによって学ぶことも多いですね。

――SNSを始めたきっかけは何だったのでしょうか。

元々、盲導犬との生活を知ってもらうYouTubeを制作するため、クラウドファンディングを行ったことがあるのですが、思った以上の反響がありました。そんな中、私の周りの方から勧めがあり、「絶対やったほうがいい」って言われて。今年の3月あたりから本格的にTwitterを始めました。最初は自分の想いばかりを書いてしまうことも多かったのですが、「こんな書き方をしたらいろんな方に伝わるよ」といったアドバイスをもらったりして、投稿を続けています。

――投稿するのに苦労することもあるのでしょうか。

音声入力機能で文字を入力するのですが、変換ミスがたまにあるので、一文字ずつ読み上げるモードで、漢字などの間違いがないかチェックして投稿するようにしています。今は多くの方が投稿を見てくださっているので、細かいところにも注意していますね。また、私のツイートに反応してくださった方には、できるだけコメントするようにしているのですが、音声読み上げ機能ですと、一番上から順番に読み上げる形なので、何かのタイミングで一番上に戻ってしまうと、また一番上からになってしまって時間がかかってしまうこともあります。慣れましたし、それが苦痛とは全く思っていないんですが、周りから見たら、「こんなことしてるの?」って思われるようなことをしているのかなとは思います。

――視覚障がいを持つ方の情報を伝えていくにあたって、気を付けていることはございますか。

こちらの要望ばかりを受け入れてもらおうとしないということですかね。たとえば、盲導犬を連れた方が入店拒否をされることがたまにあるのですが、それをそのまま入店拒否をされるってことばかりを取り上げて、こちら側の不満ばかり発信してしまっていたことが私にもありました。でも、「確かに動物がお店に入るのは想定していないし、どのように盲導犬が待機するのかもわからへんから、拒否するのは当たり前やな」と思って。私たちに関して情報を知らないのに、やってくださいって言うだけでは難しいと思うんです。だからお願いするだけじゃなくて、「盲導犬はこんな特徴があって、私たちはこんな風に生活しているということを知ってくれたら嬉しいです」という風な伝え方をするようにしています。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。