映画ファンが最も注目している作品は? 7~12月公開映画ランキングTOP10(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

映画.comがユーザーに対してアンケートを実施し、2022年下半期(7月~12月)公開映画で注目している作品を調査しました。その中で注目作に1ポイント、最も注目している作品に2ポイントを加算して集計。ポイントの高かった作品をランキング形式で発表します。

【調査概要】
調査名:映画.comユーザーアンケート2022夏
対象者:映画.comユーザー
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年6月24日~7月10日
回答数:2,100

 最も多くの支持を集めたのは、本日公開の「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」。1993年に公開され多くの人を魅了した「ジュラシック・パーク」から始まるシリーズの6作目にして最終章となる本作。大人気シリーズの完結編として、多くの映画ファンの期待が寄せられました。前作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」で世界中へ解き放たれた恐竜たちと人類の運命は一体どうなるのか、劇場の大スクリーンでぜひ確かめたい作品です。

 2位になったのは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作「ソー ラブ&サンダー」。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、クリス・ヘムズワース演じる雷神ソーの戦いを描いています。前作「マイティ・ソー バトルロイヤル」から引き続きタイカ・ワイティティが監督を務めており、シリーズファンの期待値も高くなっているようです。

 「キングダム2 遥かなる大地へ」が3位にランクイン。2019年に公開され興行収入57.3億を記録し、その年の実写邦画映画ナンバー1大ヒットを記録した「キングダム」の続編ということで、多くの注目を集めました。興行収入も公開から2週連続で1位を記録し、前作を大きく上回るヒットとなっています。

TOP10のランキングはこちら

1位 「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」 686pt
2位 「ソー ラブ&サンダー」 621pt
3位 「キングダム2 遥かなる大地へ」 562pt
4位 「エルヴィス」 546pt
5位 「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」 320pt
6位 「バズ・ライトイヤー」 311pt
7位 「ブレット・トレイン」 295pt
8位 「ONE PIECE FILM RED」 278pt
9位 「すずめの戸締まり」 253pt
10位 「ミニオンズ フィーバー」 218pt

 4位以下も「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」「バズ・ライトイヤー」「ONE PIECE FILM RED」「ミニオンズ フィーバー」と大ヒットシリーズの続編やスピンオフシリーズが多くランクインしています。その一方で、大人気歌手エルビス・プレスリーの半生を描いた「エルヴィス」、伊坂幸太郎原作、ブラッド・ピット主演で話題の「ブレット・トレイン」、「君の名は」「天気の子」の新海誠監督最新作「すずめの戸締まり」にも多くの期待の声が寄せられています。

 「トップ・ガン マーヴェリック」の勢いもまだまだ衰えていませんが、下半期も楽しみな映画が盛りだくさん。2022年まだまだ映画生活が充実しそうな予感です。

映画ファン注目の下半期公開映画ランキングTOP30一覧(https://eiga.com/topics/usertop30_2022h2/)

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。