映画『ONE PIECE』劇中歌「逆光」ティザーMV解禁 パンチの効いたロックチューン ウタ(Ado)×Vaundyがコラボ(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

人気アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)の劇中歌「逆光」のティザーMVが解禁された。

【動画】パンチの効いたロックチューン!公開された『ONE PIECE』劇中歌のMV

 映画の舞台は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、音楽の島・エレジア。メインキャラクターであるウタは、劇中で様々な楽曲を歌唱しており、ウタの歌唱を担当するのは歌手のAdo。そんなウタが歌う楽曲を提供するのは、中田ヤスタカ、Mrs. GREEN APPLE、Vaundy、FAKE TYPE.、澤野弘之、折坂悠太、秦 基博という総勢7組の豪華アーティストたちとなっている。

 ウタの各楽曲のMVをそれぞれ別のアニメーターやイラストレーターが手掛けるウタMV企画も始動しており、第1弾は主題歌「新時代」(楽曲提供:中田ヤスタカ/MV担当:hmng)、第2弾は、劇中歌「私は最強」(楽曲提供:Mrs. GREEN APPLE/MV担当:藍にいな)のMVがそれぞれ公開されてきた。

 今回解禁となるのは、第3弾、劇中歌「逆光」のMV。楽曲を提供するのは、22歳の現役大学生で、作詞、作曲、アレンジをすべて自分でこなし、デザインや映像もディレクション、セルフプロデュースするマルチアーティスト・Vaundy。楽曲は、ウタの抱える怒りや葛藤、そしてウタの強い覚悟を描いた、パンチの効いたロックチューンとなっている。

 MVでは、第1弾「新時代」、第2弾「私は最強」のファンタジックなイメージから一転、クールでダイナミックなウタの姿が描かれ、本楽曲の疾走感やエネルギーに満ちた力強さが表現。『ONE PIECE FILM RED』の世界を鮮やかに染め上げるウタの楽曲、そして様々なクリエイターが手掛けるMVが今後も続々公開予定となっている。。

 シリーズ15作目、尾田氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる今回の劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。監督はアニメ『コードギアス』シリーズで知られる谷口悟朗氏が23年ぶりに『ONE PIECE』作品を担当する。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。