映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』岡本夏美×松田るか×坂ノ上茜インタビュー ヤクザ役で度胸つきすぎ!?「おい、オメェ」ドスの効いた小沢仁志の挨拶にも物怖じせず(AbemaTIMES)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:坂ノ上茜、岡本夏美、松田るか

昨年『孤狼の血』で新たな任侠映画の金字塔を打ち立てた東映が今年もやってくれた!『女番長』シリーズ、『女囚さそり』シリーズなどのピンキーバイオレンスの世界を彷彿とさせる映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』が2月8日に公開された。

 原作は「週刊ヤングマガジン」で連載され人気を誇ったジャスミン・ギュのギャグ漫画「Back Street Girls」。若きヤクザが不始末を起こし、そのツケにタイで性転換&全身整形、そしてまさかのアイドルデビュー!しかも、思いもよらず人気急上昇。段々とアイドルとしての自分に目覚めながらも、極道である本来の自分と女心の間に揺れながら(もうすでによくわからない)、葛藤しながら、アイドルとして生きていく男たちをコミカルに描いた衝撃作だ。

 今回、AbemaTIMESはアイドルグループ“ゴクドルズ”のメンバーを演じた岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜にインタビュー。それぞれ、正統派リーダーのアイリ役、クールなお姉さまポジ担当のマリ役、天真爛漫なぶりっ子で妹キャラのチカ役を演じるが、その中身は仁義を大切にするゴリゴリのヤクザ。アイドルを演じながらも漢らしさを意識しなければならない上に、劇中には本格的なライブシーンやアクションシーンも満載。果たして彼女たちはどのようにこの難役に挑んだのか。共演する強面俳優・岩城滉一や小沢仁志、故・大杉漣さんとの思い出から、性転換前の漢時代を演じた白洲迅、花沢将人、柾木玲弥と協力したという意外な役作り、ヤクザ役が私生活に及ぼした影響まで、じっくりと話を聞いてきた。

【広告】

【ファイテン公式】

RAKUWA磁気チタンネックレスでコリを緩和!




コメントは受け付けていません。