映画『チェルノブイリ1986』消火活動で被ばくした消防士たちの本編映像(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

1986年4月26日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国プリピャチのチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。のちに超大国のソ連が崩壊した一因になったとも言われるこの未曾有の大惨事を、爆発直後に現場に急行した消防士たちの苦闘や避難民たちの混乱ぶりなど、一般市民の視点からリアルに映し出した、映画『チェルノブイリ1986』(5月6日公開)より、本編映像が解禁となった。

【動画】映画『チェルノブイリ1986』本編映像

 解禁されたのは、主人公の消防士アレクセイが、原発の爆発後、被ばくした人間は家族にも会えず隔離されてしまうという事実を目の当たりにして困惑するシーン。

 爆発したチェルノブイリ原発から病院に到着したアレクセイは、突然名前を呼ばれ起こされる。「ああ、どれだけ寝てた?」と、だるそうに問いかけるアレクセイに「吐き気は? 気分はどう?」と矢次早に質問する白衣の女性。アレクセイの「平気だ」の一言に「それならよかった。放射線科医のジーナよ。あなたを連れに来たの。外で待ってるから着替えて」と、急いだ様子で話し、病室から出て行ってしまう。

 アレクセイは不安そうに周りを見回すと、同僚のニコライが窓の外に向かって何かを言っていた。「ダメだ、帰れ」と声を荒げるニコライ。それを見た看護婦が「窓から離れてください。困ります」と注意をすると、アレクセイは外にいるのがニコライの家族たちだと気づく。そして、チェルノブイリ原発にいた人間は汚染のせいで隔離されていることを知ると、「放射線の反応は人それぞれ。5分で死ぬ人も5時間浴びても平気な人も。14レムで幸運ね」と、看護婦に冷たく言われてしまう。

 病室の外も戦場のようだった。「汚染された服は地下に。今、着いた人は入り口で服を脱いで」と、大きな声を出す看護婦の横を足早に歩くアレクセイだったが…。

 監督と主演のアレクセイを兼任したコズロフスキーは、本作を制作するにあたり消防士、医師、エンジニアらにインタビューを行った。「モスクワの第6病院で働いていた女性医師とのインタビューでは、胸が締めつけられる思いがしました。彼女は原子炉建屋の炎を消すために最も苦しんだ消防士たちが、最初に入院してきた時のことを話してくれました。若くて陽気な消防士たちは冗談を言い続けていましたが、医師たちはもうすぐ全員が死んでしまうことを知っていたのです」と、事故の当事者にインタビューしたことは、監督にとって衝撃的な体験だったと明かしている。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。