星野源“人間もおばけも踊る”新曲完成 新垣結衣&神木隆之介ら出演の実写映画『おばけずかん』主題歌に決定(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

全国の小学校の図書室で人気の「おばけずかん」シリーズ(講談社)を実写映画化した『GHOSTBOOK おばけずかん』(7月22日公開)で、音楽家で俳優の星野源が本作の主題歌を務めることが25日、発表された。タイトルは「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」。星野は「遊びと祈りを込め、踊ってしまう呪いをかけたこの楽曲が、劇場の中で主人公たちと一緒に異世界を冒険する皆さんのお守りになれば幸いです」とコメントしている。

【動画】星野源の主題歌も!『ゴーストブックおばけずかん』予告

 本作は“どんな願い事も叶えてくれる一冊の本=おばけずかん”を手に入れた子どもたちを待ち受ける、数々の試練、新たな出会い、そして別れ――「ゴーストブックの世界」を舞台に繰り広げられる手に汗握る冒険と、子どもたちの成長物語。俳優の新垣結衣が瑤子(ようこ)先生役、神木隆之介が謎の店主役として出演している。

 主題歌アーティストを決めるにあたり、「コロナ禍が広がった2020年。準備中だった本作の、子供たちが冒険するおばけの世界観を現代的に表現し、幅広い世代に楽しんでもらうための主題歌が必要だ」という兼ねてからの制作陣の熱い想いもあり、今回星野に熱烈オファー。そして、この“奇跡のタッグ”が実現した。

 新曲「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」は、イントロからポップな曲調で始まり、サビには「おばけがでるぞ」「うらめしや」というフレーズも使用されるなど、原作の童話「おばけずかん」のテーマでもある「こわいけど、おもしろい!」と重なるような歌詞で「人間とおばけ」という、それぞれ決して交わるはずのない世界線を簡単に超えてしまうような“歌って踊れる”楽曲に仕上がっている。

 さらに今回は、本作でおばけの声を担当している釘宮理恵(図鑑坊役)、下野紘(一反木綿役)、杉田智和(山彦役)もサビにコーラスとして参加。声優陣の声も加わり、本作ならではの豪華な組み合わせにも注目だ。

 さらに主題歌「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」を聴くことができる主題歌予告も解禁された。今回解禁となった予告映像には、カレーをおいしそうに食べる可愛らしい図鑑坊の姿をはじめ、くるくると高速回転をして追いかけてくる山彦から逃げる一樹(城)たちや、ペンキの入った水鉄砲を撃って一反木綿と戦う湊(吉村)と瑤子先生(新垣)、体中に付いた目を飛ばして攻撃をしている百目、子供たちをぶら下げて空を歩く雲梯(うんてい)など、子供たちが出会うおばけと奮闘する様子が描かれている。そんな子供たちの様子と共に、星野源が歌う「おばけがでるぞ」「おばけはいるぞ」という主題歌のリズムが重なり、まるでおばけが子供たちとの交流を楽しんでいるかのような心が弾む映像となっている。

■星野源コメント

彼岸と此岸の境がなくなり、あの世とこの世が入り乱れ、異なる世界が混ざり合って、人間と人間以外が一緒に踊れるような楽曲を作ろうと思いました。
制作中、いくつかの楽しい心霊現象に見舞われたので、来ていたおばけたちについでにコーラスを入れてもらいました。
遊びと祈りを込め、踊ってしまう呪いをかけたこの楽曲が、劇場の中で主人公たちと一緒に異世界を冒険する皆さんのお守りになれば幸いです。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。