日本古来の学問に特化 神主も、アスリートも輩出する「国学院大学」とはどのような大学なのか(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

1920(大正9)年、私立大学として初めて大学に昇格した早稲田大学(新宿区戸塚)と慶応義塾大学(港区三田)。それらに次いで認可された六つの私立大学のひとつに、国学院大学(渋谷区東)があります。

【地図】渋谷の超一等地にある「キャンパス」を見る

 国学院大学は近年、スポーツの強豪校としてその知名度を誇っていますが、国学(日本固有の思想・精神を究めようとする学問)の流れを受け継ぐ文学部や神職(神社の祭儀や事務に従事する職。神官。神主)の養成機関としても名高く、関連本を中心とした大学の蔵書数は約160万冊に上ります。

 キャンパスは、東京メトロ日比谷線の恵比寿駅から徒歩15分の渋谷キャンパス、野球場や球技場の施設も備えたたまプラーザキャンパス(横浜市)のふたつです。

 また、学部・学科は

●文学部
・日本文学科
・中国文学科
・外国語文化学科
・史学科
・哲学科

●経済学部
・経済学科
・経済ネットワーキング学科(2020年度から募集停止)
・経営学科

●法学部
・法律学科

●神道文化学部
・神道文化学科

●人間開発学部
・初等教育学科
・健康体育学科
・子ども支援学科

で、学部生は9830人となっています(2020年5月1日現在)。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。