文学座2022年公演ラインナップ、東憲司×西川信廣「田園1968」含む7作品(ステージナタリー)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:ステージナタリー

文学座の2022年公演ラインナップが発表された。

本公演として、6月には作劇を東憲司、演出を西川信廣が手がける「田園1968」、9月には秋元松代の戯曲を松本祐子が演出する「マニラ瑞穂記」、10月には高橋正徳演出の「欲望という名の電車」が上演される。さらに、獅子文六の戯曲を、五戸真理枝が脚色・演出する「コーヒーと恋愛」、作劇を原田ゆう、演出を所奏が担う「文・分・異聞(ブン・ブン・イブン)」が、アトリエの会で披露される。

【画像】文学座 2022年リーフレットより。(他2件)

地方公演には、作劇を佃典彦、演出を松本が手がける「一銭陶貨 ~七億分の一の奇跡~」、高橋演出の「ガラスの動物園」がラインナップされている。

■ 2022年文学座公演ラインナップ
□ 3月アトリエの会「コーヒーと恋愛」
2022年3月15日(火)~27日(日)
東京都 文学座アトリエ

作:獅子文六
脚色・演出:五戸真理枝
出演:原康義、大原康裕、藤川三郎、沢田冬樹、西岡野人、山森大輔、釆澤靖起、本山可久子、吉野実紗、牧紅葉

□ 「田園1968」
2022年6月17日(金)~25日(土)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

作:東憲司
演出:西川信廣
出演:加納朋之、高橋克明、越塚学、西村知泰、新橋耐子、郡山冬果、岡本温子 ほか

□ 「マニラ瑞穂記」
2022年9月6日(火)~20日(火)
東京都 文学座アトリエ

作:秋元松代
演出:松本祐子
出演:浅野雅博、神野崇、上川路啓志、駒井健介、越塚学、武田知久、小谷俊輔、寺田路恵、鬼頭典子、下池沙知、増岡裕子、鹿野真央、鈴木結里

□ 「欲望という名の電車」
2022年10月29日(土)~11月6日(日)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

2022年11月9日(水)・10日(木)
岐阜県 可児市文化創造センター

2022年11月12日(土)・13日(日)
兵庫県 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター

作:テネシー・ウィリアムズ
訳:小田島恒志
演出:高橋正徳
出演:中川雅子、山本郁子、渋谷はるか、千田美智子、柴田美波、磯田美絵、小林勝也、大滝寛、沢田冬樹、横田栄司、助川嘉隆、西村知泰

□ 12月アトリエの会「文・分・異聞(ブン・ブン・イブン)」
2022年12月3日(土)~15日(木)
東京都 文学座アトリエ

作:原田ゆう
演出:所奏
出演:相川春樹、奥田一平、武田知久、川合耀祐、小谷俊輔、松浦慎太郎、梅村綾子、松本祐華、鈴木結里、渡邊真砂珠、田尻祥子

□ 地方公演
「一銭陶貨 ~七億分の一の奇跡~」
2022年3月~6月

作:佃典彦
演出:松本祐子
出演:鵜澤秀行、中村彰男、高橋ひろし、上川路啓志、奥田一平 / 奥山美代子、高柳絢子、平体まひろ

※高柳絢子の「高」ははしご高が正式表記。

「ガラスの動物園」
2022年6月~10月

作:テネシー・ウィリアムズ
訳:小田島恒志
演出:高橋正徳
出演:塩田朋子、梅村綾子、亀田佳明、池田倫太朗

※初出時、人名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。