文学座アトリエの会「熱海殺人事件」開幕、稲葉賀恵「つかさんの言葉を信じて」(ステージナタリー)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ステージナタリー

文学座9月アトリエの会「熱海殺人事件」が、本日9月2日に東京・文学座アトリエで開幕した。

【画像】文学座9月アトリエの会「熱海殺人事件」より。(撮影:宮川舞子)(他10件)

「熱海殺人事件」は、つかこうへいが1973年に文学座に書き下ろし、翌1974年に第18回岸田國士戯曲賞を受賞した作品。昨年4・5月にアトリエの会で上演が予定されていたが、緊急事態宣言の発令に伴い中止となっていた。今回の公演には、中止公演に参加予定だった演出の稲葉賀恵、キャストの石橋徹郎、上川路啓志、奥田一平、山本郁子が再集結。開幕に際し、稲葉は「今なぜこの作品をやるのか。現代劇としての熱海殺人事件を創るべく信頼するキャスト、スタッフと共に稽古してまいりました。つかさんの言葉を信じて、かつ挑発的にお客様の元に届けられたらと思います。どうぞご期待くださいませ」と熱い思いを語った。

上演時間は休憩なしの約1時間50分。東京公演は14日まで行われ、10日18:30開演回はStreaming+で配信される。なお18・19日には、兵庫・兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター 大ホールでも上演される。

■ 文学座9月アトリエの会「熱海殺人事件」
2021年9月2日(木)~14日(火)
東京都 文学座アトリエ

2021年9月18日(土)・19日(日)
兵庫県 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター 大ホール

作:つかこうへい
演出:稲葉賀恵
出演:石橋徹郎、上川路啓志、奥田一平、山本郁子

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。