性教育への意識高まるも根深く残る“誤解” 10年以上“性”を啓蒙してきた女医が警鐘を鳴らす「“奔放”と“解放”は違う」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

性教育を発信する女性芸能人やインフルエンサー、“生理”をテーマにしたテレビ番組の放送、エンタメコンテンツなどにより、性教育が見直されてきている昨今。タブー視の見方が強かった10年以上前から性の正しい啓蒙を行ってきた産婦人科医・宋美玄氏の目にはどう映るのか。従来の性教育によって起きた弊害、女性の性への向き合い方、セックスレスに至るまで話を聞いた。

【漫画】「セックスでイケないのは私だけ?」「私の性欲は異常?」女子会で繰り広げられる切実な“性”の悩みとは

■海外に比べ遅れをとる日本の性教育「アフターピルなどの緊急避妊、性的同意、相手の性器への触れ方も教わらないのが問題」

――産婦人科医として、現在も臨床の現場に立たれていますよね。特に、クリニックに訪れる患者様は、どんな悩みを持たれていることが多いのでしょうか。

【宋美玄】やはり、セックスに関するお悩みというのはとても多いですね。特に多いのは「痛い」「性交渉で感じない」などでしょうか。しかし、実際に身体に異常がある人は多くなく、単純に経験が少なかったり、パートナーとの人間関係に問題があるように感じます。

 ただ、女性は男性のように性的な情報交換をあまり友達同士で行わないため「正解が分からないから」とクリニックに訪れる人も多いんです。

――それでも、何らかの改善を望んで先生のところを訪れる方が多いのではないかと思います。女性のカウンセリングをする中で、男性との意識の違いなど感じることはありますか?

【宋美玄】女性は男性と比べると、性の情報収集や性交渉に受け身な人が多いです。情報も経験も少ないから、自分自身がどうされると気持ちいいのかが分からない。男性は性的なコンテンツを収集する中で自分の性的嗜好も掘り下げているけど、女性はそうではない。

 だから、セックスに対して、いい印象を抱いていない人も多いんです。男性は行為や快楽に比較的、没入しやすいですが、相談に来る女性の中には「彼のことは好きだけど、セックスはそこまで好きではない」という人も。やむを得ず男性に合わせて演技をしてしまう人もいますし、没入できないからそのうちマンネリ化して、セックスレスに繋がっていくパターンも……。女性の反応が薄かったり、痛がっているのを見ても、女性自身「どうしてほしい」を伝えられないから、そのまま男性の方も向き合えなくなっていくわけですね。

――女性の性に関する情報は増えていっているように感じていましたが、現状はまだまだリテラシーに乏しい人も多いということでしょうか。

【宋美玄】日本は海外に比べて性教育が遅れているという問題も大きいですね。未だに日本の義務教育では、アフターピルなどの緊急避妊について扱わないし、性的同意も、相手の性器への触れ方も教わりません。性の情報を発信する芸能人やインフルエンサーも増えていますが、その全てが正しいことを言っているわけではないというのも実感しています。現状そもそも、リテラシーを持つことが難しいという状態です。

コメントは受け付けていません。