役作りの鬼!20キロ増量も…クリスチャン・ベールが語る「バイス」の演技論(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:大変貌を遂げたクリスチャン・ベール

[映画.com ニュース] 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のスタッフ&キャストが再集結したアダム・マッケイ監督最新作「バイス」で主演を務めるクリスチャン・ベールのインタビュー映像が公開された。本作でゴールデングローブ賞(コメディ/ミュージカル)主演男優賞を獲得したベールが、役作りの裏側を明かしている。

「バイス」クリスチャン・ベールのインタビュー映像はこちら

 本作は、2001~09年のジョージ・W・ブッシュ政権でアメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われたディック・チェイニーを主人公にした社会派エンターテインメントドラマ。アカデミー賞助演男優賞を受賞した「ザ・ファイター」のほか、「マシニスト」「ダークナイト」シリーズなど、これまでも数々の作品で肉体改造を行ってきたベールは、今作でも体重を20キロ増量。髪を剃り、眉毛を脱色するなどしてチェイニーの20代から70代までを熱演した。

 チェイニーの妻リン役に「メッセージ」「アメリカン・ハッスル」のエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役に「フォックスキャッチャー」「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のスティーブ・カレル、ブッシュ大統領役に「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルと演技派の豪華キャストが共演している。

 ベールはチェイニーの役作りについて「彼の外見的な特徴に加えて本質をつかむのは、すごく大変な仕事だったよ。ただのものまねは嫌だった。それだけでも十分に難しいけど、10~15分もすれば観客は見飽きてしまう。だから、本質をつかもうとした」とこだわりを語る。

 さらに、「僕はこの作品に自分の政治観を持ち込むつもりはなかった。チェイニーの政治観を受け止めるべきだ。素直に信じ、その立場からいい点や真実を探ってみる必要がある。そのおかげで(アダム・)マッケイ監督と意見をぶつけ合えた。彼は驚くほど率直だったよ。僕のアドリブ演技も許してくれたし、監督の仕事を進めながら役作りを手伝ってくれた。その結果、僕の意見だけど傑作と呼べるものができた」と自信をにじませた。

 「バイス」は4月5日から全国公開。

コメントは受け付けていません。