広末涼子の映画デビュー作『20世紀ノスタルジア』再映決定(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

不慮の火事で自宅が全焼するという災難にもめげず、新作の公開にこぎつけた原將人監督を祝して、原監督の代表作にして、女優・広末涼子の映画デビュー作でもある『20世紀ノスタルジア』(1997年)が35ミリフィルムで上映されることが決定した。

【画像】原將人監督の新作『焼け跡クロニクル』ポスタービジュアル

 『20世紀ノスタルジア』は、“宇宙人の目から見た東京”をビデオに収める自称宇宙人の少年と女子高生の姿を瑞々しく描いた青春ファンタジー。100回以上観たという画家・奈良美智氏をはじめ熱心なファンが多く存在し、90年代青春映画の傑作として再評価の機運が高まる本作。35ミリフィルムでの上映により、公開当時の雰囲気を追体験できる貴重な機会が実現した。改装のため一時休館する東京・新文芸坐にて1月21日(金)に上映。特別ゲストの来場も予定されている。

 原監督の新作『焼け跡クロニクル』(2022年2月より全国順次公開)は、原監督一家が自宅全焼というゼロから再起する姿を記録したドキュメンタリー。火事の被害で、生活するのに必要なものを何もかもを失ったのはもちろん、50年の映画人生をかけた全作品のオリジナルフィルムや脚本、映画機材を焼失するという想像を絶する痛手を負った原監督。

 しかし、やけどを負って入院した監督に代わり、妻のまおりさんが家族の様子をスマートフォンで記録。焼け跡から救い出した8ミリフィルムとスマートフォンで撮影したデジタル映像を組み合わせ、まおり監督との共同制作による新作の公開へとたどり着いた。

■公式サイト
yakeato-movie.com

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。