平賀聡彦が暫定首位に/麻雀・日本シリーズ第2節(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

麻雀日本シリーズの第2節が6月24日、東京・夏目坂スタジオで行われ、平賀聡彦(最高位戦)が7回戦での6万点超の大トップをいかし、暫定首位に躍り出た。

 平賀はこの日、7回戦と9回戦に登場。7回戦の大トップで44.5ポイントを稼いだ。また暫定2位には、今節から登場した佐々木寿人(連盟)が半荘3回で48.0をマーク。いきなり上位進出を果たした。

【第2節終了時点での成績】

1位 平賀聡彦(最高位戦=連盟会長推薦RTDリーグ2017優勝)+59.5
2位 佐々木寿人(連盟=連盟会長推薦)+48.0
3位 村上淳(最高位戦=第42期最高位)+36.2
4位 萩原聖人(連盟会長推薦)+25.2
5位 白鳥翔(連盟=連盟会長推薦)+21.4
6位 ともたけ雅晴(連盟=2代目WRC世界チャンピオン)+8.8
7位 松ヶ瀬隆弥(RMU=第9期RMUリーグチャンピオン)+8.2
8位 勝又健志(連盟=連盟会長推薦)+2.8
9位 多井隆晴(RMU=連盟会長推薦)▲7.6
10位 近藤誠一(最高位戦=連盟会長推薦)▲9.2
11位 前原雄大(連盟=第34期鳳凰位・第8期麻雀グランプリMAX)▲14.4
12位 金太賢(協会=2017最強位・第16期雀王)▲22.1
13位 瀬戸熊直樹(連盟=連盟会長推薦)▲23.3
14位 藤崎智(連盟=第34期十段位)▲23.8
15位 井出洋介(麻将連合=第15期将王)▲41.4
16位 沢崎誠(連盟=麻雀日本シリーズ2017優勝)▲69.3

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。