川口春奈「聖地X」舞台挨拶で本音トーク、クライマックスは「集中しきれていなかった」!?(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

韓国でオールロケが行われた映画「聖地X」の公開記念舞台挨拶が11月20日、東京・グランドシネマサンシャイン池袋で行われ、岡田将生、川口春奈、薬丸翔、入江悠監督が登壇した。

【動画】「聖地X」予告編

 劇団イキウメの同名舞台の設定を韓国に置き換えて映画化。日本食居酒屋を中心にしたホラー仕立てのミステリーだが、入江監督は「僕自身、何の映画かなと思いながら撮っていた」と冗談めかす。

 主演の岡田も「脚本を読んでどんな映画になるのかと思っていた」と同意。一方、その妹役の川口は「ホラー、ミステリー、コメディ、いろいろな要素がてんこ盛りでワクワクしながら撮っていた。いい意味で裏切られる作品」と笑顔で語った。

 入江監督は2度目のタッグとなる川口が撮影中、「薬丸さんに腕をつかまれたシーンでは、本当にムッとしていた」と暴露。これに対し川口が「薬丸さんにやられたら、そりゃあムカつきますよ。岡田さんならいいですけれど」と抜群のトーク力で切り返し、会場の笑いを誘った。

 さらに、川口はヨガのようなダンスを披露しているが、「あれ、謎ですよね。なくても物語上成立するし、しかもけっこう長かった。母親からも『あれ、何なの?』と聞かれました」と疑問を提示。入江監督が「何の意図もなく、今の年の川口さんのダンスを残しておきたかった」と白状すると、「えー、そうなんですか」とあ然とした表情になった。

 クライマックスでは激しいアクションシーンがあり、岡田は「韓国のアクションチームの熱量がすごくて、高みを目指してくれた。見ていてもユーモアがあって楽しいですよね」と満足げ。対じした薬丸も「アクションが初めてだったので、全部岡田さんにリードしてもらった」と感謝した。

 だが、川口は「あれは、大人たちがガヤガヤしていてカオスでしたよね。私は集中しきれていなかったかも。でも、撮り切れて良かった」と素直な感想。これには、入江監督が「一番大事なところだったのに」と苦笑するしかなかった。

 公開を記念し、映画の重要なアイテムとなる井戸を模したたるを使っての鏡抜きも行った。入江監督は、「変な映画で受け止め方が分からない方もいると思うが、意外とキャラクターの感情の流れがうごめいています」と改めて観賞法を指南していた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。