小芝風花主演、映画『妖怪シェアハウス』予告編が初解禁 最後には涙を流す澪の姿も(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

6月17日に公開される映画『妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-』のポスタービジュアルと予告編が初解禁となり、本編映像も一部公開された。

【動画】住人たちが激変? 映画『妖怪シェアハウス』予告編

 同映画は、9日よりテレビ朝日系でシーズン2が始まった土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』(毎週土曜 後11:00)のその後を描く劇場版。小芝風花演じる主人公・目黒澪が、アインシュタインの再来と謳われる天才数学者・AITO(望月歩)とひょんなことから知り合いになり、2人の恋愛模様が描かれる中、世の中では若者の間で登校や出社を拒否したり、自分の欲望を抱く気持ちすら失っていくという“ツルツル化現象”が急増。さらに澪を取り囲む妖怪にも次々と異変がみられるようになり、その現象の真相に迫っていく。

 予告映像は、宇治茶によるおなじみの“ゲキメーション”、そしてシェアハウスで暮らす妖怪たちと澪の絶叫から始まる。そんな中、澪は“白馬の王子様”AITOと出会い、お岩さんをはじめとする妖怪メンバーもその恋を盛り上げようとするが、この恋が妖怪と人間を巻き込み、最大の危機をもたらすことに。

 そしてドラマのシーズン1でも活躍したキャラクター、お菊さん(佐津川愛美)、山姥(長井短)、アマビエ(片桐仁)らも映画で再登場。しかし、彼らは謎の白装束に身を包んでいるが…その真相とは。うって変わって、シェアハウスで座敷わらしと酒呑童子は大暴れし、シェアハウスの住人も激変。そんなピンチに立ち上がり、“鬼化”する澪。最後には澪が涙を流す映像も映し出される。

 さらに解禁されたポスターでは、キャラの濃い登場人物たちが、シェアハウスの井戸から飛び出してくるようなビジュアルとなっており、迫力満点の『妖怪シェアハウス』ならではの世界観が表現されている。

コメントは受け付けていません。