将棋ガール・SKE48鎌田菜月、早指し将棋とアイドルのステージに共通点「とっさの判断ですね」(AbemaTIMES)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

とっさの判断が求められるのは、将棋の盤上でもステージ上でも同じだ。アイドルグループSKE48の「将棋ガール」こと鎌田菜月が、国民栄誉賞も受賞した羽生善治竜王の着想から生まれた新たな早指し将棋に挑戦。「ハラハラ感がすごいですね!」と慌てながらも、日々アプリで鍛えた実力を示した。対局後には「頭の中で大混乱していて、わけのわからない手を指しました(笑)」と振り返ったが、瞬時に頭を働かせることに棋士とアイドルの共通点を見出していた。

 鎌田が挑戦したのは、わずかな持ち時間ながら1手ごとに5秒が加算されるという独特な超早指しルール。アプリで10秒以内に指すルールで練習を積んでいたこともあり、序盤はどんどん指して持ち時間を貯め込む作戦に出た。それでも「あ、時間あるなと思って余裕をもって指していたら、いつの間にか時間がなくなっていて…。途中からわかんなくなっちゃって、崩れていく感じがすごかったですね。でもこのスピード感はクセになります」と、未体験の感覚を振り返った。

 2年半ほど前から将棋を始めたが、今では対局番組やニュース、コラムもしっかりチェックするなど「観る将」としてのレベルも高くなった。「棋士の先生たちは、戦法が頭や体に染み込んでいると思うんですよ。だから早指しになっても、とっさの判断ができて、パッと手が出るだろうし、どういう手が出てくるのかすごく楽しみです」と、考え込むのではなく反射的に出てくる“神の一手”を楽しみにしている。

 年月と努力を重ねたからこそ、不測の事態に対応できるのは棋士もアイドルも同じだ。残り時間が少ない中で、見たこともない手を指されても対応するのが棋士。ステージ上で、様々なアクシデントが起きても瞬時に対応し、歌い踊り続けるのがアイドルだ。「たとえば私たちの場合だと、メンバーの誰かが急に(アクシデントで)ステージからはけてしまうことがあります。それを他のメンバーが立ち位置を工夫したり、いないところに入ったりします。衣装の小物が落ちてしまったら、危ないので舞台袖までうまく蹴っ飛ばしたり(笑)とっさの判断ですね」。曲が始まれば止まれない。不自然な動きはファンに見せられない。ほんの数秒で、しかも歌い踊りながら事態を把握し、対応する。笑いながら答えたが、これも素人には到底できないプロの技だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です