寄生虫が心臓に住みつく! 犬のフィラリア症の怖さとは(いぬのきもち WEB MAGAZINE)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:いぬのきもち WEB MAGAZINE

フィラリア症は蚊が媒介する寄生虫の病気で、かつては犬の死亡原因の上位だった病気ですが、予防意識が高まり、今は発症数が減ってきています。
フィラリアにはいくつかの種類があり、犬が感染するのはイヌフィラリア(犬糸状虫)です。イヌフィラリアをもった蚊に刺されると、フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が犬の体に入り成長。最終的に心臓や肺動脈にすみつきます。

心臓や肺動脈はこれによって徐々にダメージを受けますが、症状が出たときには重症化していたということも多い病気なのです。駆虫薬や手術で治療しますが、どちらもリスクが高く、完治が難しいケースもあります。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。