宮沢りえ、演技プランを提案も……「あっ、いらないです」と監督が即却下(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

選挙戦の舞台裏を描いた社会派コメディ「決戦は日曜日」の公開記念舞台挨拶が1月8日、東京・新宿バルト9で行われ、初共演した窪田正孝と宮沢りえ、赤楚衛二、坂下雄一郎監督が登壇した。

 ことなかれ主義の議員秘書(窪田)と熱意が空回りしてばかりの二世候補者(宮沢)が、波乱に満ちた地方都市の選挙戦で勝利を目指す。「東京ウィンドオーケストラ」「ピンカートンに会いにいく」の坂下監督が、約5年をかけて執筆したオリジナル脚本を映画化。赤楚をはじめ、共演する内田慈、小市慢太郎、音尾琢真が秘書チームの面々を演じた。1月7日に全国219スクリーンで封切られた。

 本作で初めて議員秘書を演じた窪田は「お世話係という意味で、もしも自分がマネージャーの立場だったらという目線で考えた。秘書の役を通して、(マネージャー側が)何か言いやすい環境を、こちらから作らないといけないなと思った」と役作りを回想。「笑顔の力が、人をポジティブにする。笑いの中で核心を突いていて、どこか他人事に思えない部分もあるはず」と見どころをアピールした。

 宮沢はコメディ映画に本格挑戦し「何が笑いかは考えず、目の前に起こる疑問に対して、発言したり行動する。そんなピュアさを大事にした」と振り返り、「炎上系ユーチューバーにブチきれるシーンは気持ち良かった。ああいう場を与えられると、思いきり人をぶったり蹴ったりしてもいいんだなって(笑)」と会心の笑顔を見せた。

 また、「共演した皆さんのリアクションが面白く、私も(俳優として)色気が出てしまい、監督に『こうしたらいいんじゃないでしょうか』と提案もしたが、『あっ、いらないです』と即答される毎日だった」と明かす場面も。この発言に、坂下監督は恐縮しつつ「スケジュールが短めだったので、悩んだり迷ってはいられないと思い、普段は書かない絵コンテも事前に準備した」と告白。宮沢は「疑問にも提案にも即答してくださり、やりやすかったです。ビジョンがしっかりあるんだなと」と納得の表情だった。

 共演する赤楚は「台本を読むと、(社会常識とかけ離れていて)疑問を抱く部分もあるんですが、僕の役は何も感じず全部を受け入れる性格。そんなスタンスを大切にした」と役作りについて話していた。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。