実写映画版「バイオショック」の監督と脚本家が発表!監督は『コンスタンティン』などで知られるフランシス・ローレンスに(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

Netflixによる実写映画版「バイオショック」の監督と脚本家がツイートで発表された。映画版の監督はフランシス・ローレンスで、脚本はマイケル・グリーンが担当する。監督は『コンスタンティン』や『アイ・アム・レジェンド』などで知られていて、脚本家は『LOGAN/ローガン』や『ブレードランナー 2049』などで知られている。

「実写映画版「バイオショック」」画像・動画ギャラリー

実写映画版「バイオショック」は2022年2月に正式発表されていた。そのときには監督や脚本は決定していなかったとの報道だった。この半年の間に監督・脚本が決まったことになるので、まだまだ映画版の制作は進んでいなさそうだ。「バイオショック」はゲームの1作目が発売されたときにも映画化の計画があったらしいが、お蔵入りになっていた。これでついに映画が実際に作られることになりそうだ。
原作ゲームの『バイオショック』は1作目が2007年(日本では2008年)に発売されたFPSだ。FPSながらも、シリーズは伝統的に舞台設定や演出、ストーリーの人気が高い。1・2作目では海底都市ラプチャー、3作目では天空都市コロンビアが舞台だった。ゲームでの演出やストーリーは、プレイヤーの心を揺さぶるような内容が特徴だった。映画版でも、魅力的な舞台の再現や強烈な脚本に期待したい。

映画版の監督・脚本の決定については、ゲームのパブリッシャーの2Kも反応している。ゲームは新設スタジオのCloud Chamberが新作を開発中だ。そのため、ツイートにはスタジオの求人情報についても書かれている。新作ゲームも、まだ詳細な情報が発表できる段階ではないのかもしれない。映画・ゲームともに、今後の続報の発表を待ちたいところだ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。