宝塚月組新トップコンビ・月城かなと&海乃美月のお披露目公演、本日開幕(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

宝塚歌劇月組「江戸切絵『川霧の橋』ー山本周五郎作『柳橋物語』『ひとでなし』よりー」「スーパー・ファンタジー『Dream Chaser ー新たな夢へー』」が、本日10月11日に福岡・博多座で開幕した。

【動画】【博多座10月】宝塚歌劇月組公演 15秒CM(他6件)

これは、宝塚歌劇団月組の新トップコンビ、月城かなとと海乃美月のお披露目公演。「川霧の橋」は、山本周五郎の小説「柳橋物語」と「ひとでなし」をもとに、柴田侑宏が書いた戯曲で、今回は演出を小柳奈穂子が担当する。劇中では、運命の流れに翻弄されながらも、懸命に生きる若者たちの姿が描かれ、月城が主人公の大工の若棟梁・幸次郎役、海乃がその幼なじみ・お光役を務める。

中村暁が作・演出を手がける「Dream Chaser ー新たな夢へー」は、夢を追うひたむきな情熱をテーマにしたショー作品。場面ごとに異なった世界観の音楽とダンスが披露され、月城が大羽根を背負い登場すると、会場は拍手で包まれた。公演は11月3日まで。なお、10月30日16:00開演回は、ライブ中継とライブ配信が実施される。

■ 宝塚歌劇月組「江戸切絵『川霧の橋』ー山本周五郎作『柳橋物語』『ひとでなし』よりー」「スーパー・ファンタジー『Dream Chaser ー新たな夢へー』」
2021年10月11日(月)~11月3日(水・祝)
福岡県 博多座

□ 「江戸切絵『川霧の橋』ー山本周五郎作『柳橋物語』『ひとでなし』よりー」
原作:山本周五郎
脚本:柴田侑宏
演出:小柳奈穂子
出演:月城かなと、海乃美月 ほか

□ 「スーパー・ファンタジー『Dream Chaser ー新たな夢へー』」
作・演出:中村暁
出演:月城かなと、海乃美月 ほか

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。